マスク湯婆婆
 - (C)TS(C)StudioGhibli

写真拡大

 スタジオジブリの新イベント「ジブリの“大じゃない”博覧会」が、7月22日から9月3日まで愛知県美術館ギャラリーで開催される。展示されるのは、NHK総合で今冬放送予定の宮崎駿企画、宮崎吾朗監督による長編アニメーション「アーヤと魔女」と、2年後に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開業する公園施設「ジブリパーク」の未公開資料など。公益財団法人日本博物館協会の「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」や愛知県の「県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針」に基づき開催される。

 本イベントは、新型コロナウイルスで息詰まる社会に明るい話題を提供するために企画された“愛知限定”のもの。カンヌ国際映画祭の「オフィシャルセレクション2020」に選出された「アーヤと魔女」の主役アーヤをはじめ登場キャラクターの人形、宮崎吾朗監督が総合プロデューサーとしてジブリの世界観を演出する「ジブリパーク」の建築模型やスケッチなども紹介する。

 そのほかジブリのこれまでを振り返るコーナーもあり、記念写真コーナーでは「三鷹の森ジブリ美術館」から「ネコバス」を展示。『天空の城ラピュタ』『紅の豚』『ハウルの動く城』『かぐや姫の物語』などの名場面を背景に撮影できる。『千と千尋の神隠し』コーナーでは、巨大な「湯婆婆」と「銭婆」のおみくじが登場。宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文コーナーも設けられる。

 三密を避けるため、入場券は日時指定入場制。8月10日までの入場分を7月4日午前10時から、8月12日以降の入場分を7月18日午前10時から、ローソンチケットで発売する。開催時間は午前10時から午後6時、金曜は午後8時まで(入場は閉場30分前まで)。月曜(祝日の場合は翌日)は休館。コロナ対策は特設サイト(https://www.ghibli-daijanaiexpo.jp/attention/)で確認。

 スタジオジブリ・中島清文代表取締役社長のメッセージは下記の通り。(編集部・石井百合子)

 この夏、コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの展覧会が中止、延期に追い込まれています。私どもの『ジブリの大博覧会〜ジブリパーク、開園まであと2年。〜』も開催延期となりました。

 なのになぜ、この展覧会を開催しているのか?

 じつは、この展覧会の仕掛け人は大村知事です。新型コロナウイルスが一旦落ち着きを見せている中、何かジブリの展示をやってもらえないか。そんな依頼が主催者である中日新聞社に入ったのは5月の終わりのこと。そのまま私どもに相談がありました。

 そして、その条件を聞いて驚きました。なんと、企画から制作まで準備期間はわずか1か月余り。しかも、「展示物は2mの間隔をあけ観客が密にならないようにすること」という厳しい条件付きです。ジブリの展覧会といえば、一回では見切れないほどの膨大な展示物に埋め尽くされた、密度の濃さが特徴です。それを禁じられたらジブリらしさを打ち出せません。さすがに無理ではないかという意見もありました。

 しかし、イベントや展覧会がほとんどなくなってしまったこういう時だからこそ、ジブリパーク開設を2年後に控えた愛知県の皆さんにジブリで楽しんでいただきたい。大村知事の県民始め全国の皆さんに笑顔と元気をお届けしたいとの思いに何とかこたえたい。そう考え直し、知恵を出し合った結果が今回の展覧会なのです。

 『ジブリの大博覧会』はまた来年以降に開催いたします。今回は、「大じゃない」けど、やっぱりジブリの博覧会。様々な機会にお披露目した制作物が並びます。そして初出しとなる展示もご用意しています。感染予防のためにいろいろとご不便をおかけしますが、少しでも楽しい時間を過ごしていただけたら幸いです。