カール・ライナーさん死去 (※写真は映画『オーシャンズ11』より)

写真拡大

 映画『オーシャンズ』シリーズ3作などに出演し、映画監督ロブ・ライナーの父としても知られるカール・ライナーさんが亡くなった。98歳だった。

【写真】カール・ライナーさん出演『オーシャンズ11』フォトギャラリー

 Varietyによると、現地時間6月29日夜、米カリフォルニア州ビバリーヒルズにある自宅で息を引き取ったと、アシスタントが同メディアに認めたという。

 長男のロブは、30日にツイッターにて、「昨夜、父が亡くなりました。書いていて心が痛みます。彼は私を導く光でした」とコメントを発表している。

 カールさんは、1950年代に放送された『Your Show of Shows(原題)』に出演し、エミー賞を獲得するなど、大きな評価を得た。脚本家、プロデューサー、監督、そして俳優として活躍。

 日本でも公開された作品には、天才詐欺師ソール・ブルーム役を演じた『オーシャンズ』シリーズや、ドラマシリーズ『ハーパー★ボーイズ』などがあり、ドラマ『アリー my Love』や『ボストン・リーガル 』にもゲスト出演。また、昨年公開された『トイ・ストーリー4』では、声の出演をしていた。

 『トイ・ストーリー』シリーズでウッディの声を担当しているトム・ハンクスは自身のインスタグラムにて、カールさんの写真と共に「さようならカール。ぼくの若き日を喜びに満たしてくれてありがとう」と投稿。ほかにも、ジョン・ステイモスやジェリー・サインフェルドが、カールさんとのツーショットをインスタグラムで公開するなど、セレブからも哀悼の意が寄せられている。