彼に恋愛対象として意識してほしいのならば、彼の目を奪えるほど魅力的な女性にならなければなりません。好きな人を振り向かせるためには、やはりそれなりの努力が必要不可欠です。
しかし、そうはいっても「メイクも自分磨きもそれなりにやっているつもりだし、これ以上どうしたらいいの?」と頭を抱える女性も少なくないのでは?

決め手にかける、惜しい努力

自分ではすごく努力をしているつもりでも、男性目線では「惜しい! あと少しなんだけどな」と思うくらいのレベルなのだとしたら……。それって、すごくもったいないと思いませんか?
せっかく努力をしているのなら、報われなければやっていられません。男ウケがそこまで悪いわけでもない、外見や性格だってそこまで悪くない……それなのに意中の彼に振り向いてもらえないのは、“あともう一歩”なにかが足りないからかもしれません。

あと少しだけ努力すべきところとは?

(1)笑い声に注意して

「笑い声が大きい女性は知性が低そうで苦手です。あとは大口を開けて笑う女性も、なんだかオバサンっぽくてダメ」(26歳/公務員/男性)

▽ 他にいいところがたくさんあったとしても、笑い声や笑うときの仕草が微妙だとやっぱり大きなマイナスポイントとなってしまうんですよね。

(2)セルフチェックが甘い

「爪の間が汚かったり、歯に食べカスが付いていたり……。下着のヒモやラインが見えているのもいただけません。寝癖が直っていないなんていうのも自分的にはガッカリするポイントです」(35歳/美容師/男性)

▽ せっかく頑張って女子力を磨いていても、こういう細かなところって見落としてしまいがちだったりして……。

(3)センスの磨きが足りない

「流行に流されないというと聞こえはいいけど、それって結局は古臭くて昔っぽい格好をしているってことでしょ? 自分をアップデートしようとしない女性は、なんか惜しいよね」(28歳/建築/男性)

▽ 自分らしいスタイルが確立されていると、あえてアップデートする必要はないと感じるのでしょうけれど、それが怠惰だと捉えられてしまうのなら、たまには流行を取り入れてみてもいいのかもしれませんね。

(4)品を身につけて

「マナーとか、そういう基本的な部分ができていない人って、もうそれだけでアウト。他がどんなに魅力的でも関係ないですよ」(25歳/運送/男性)

▽ 品のない女性は人気薄。まずは箸の持ちかた、食べかた、食事のマナー、座りかたや歩きかたなど、所作に気を配るように意識してみるとよさそうです。

あと一歩の努力で印象は変えられる

普段から女子力アップのために努力をしているみなさまならば、自分磨きのための負担が大幅に増えるようなことはないと思います。
必要なのはあと少しの努力! ほんの少しの努力を上乗せするだけで、男性からの人気は桁違いに上がるはずです。普段の自分磨きにプラスしてみて損はないと思うのですが、いかがでしょうか。もしかしたら、モテすぎて困ってしまう……なんていう未来が待っていたりして!?