香港国家安全維持法を公布するため署名する林鄭月娥行政長官=2020年6月30日、香港、香港政府提供

写真拡大

 香港で6月30日に「香港国家安全維持法(国安法)」が施行されたことを受けて、日本や英国、ドイツ、フランスなど27カ国は同日、国安法を非難し、中国に法律適用の再検討を求める共同声明を出した。

 英国のブレイスウェイト在ジュネーブ国連大使が同日、国連人権理事会で発表した。共同声明は国安法について「香港の人々、立法機関、司法機関が直接参加せずにこのような法律を制定すると、『一国二制度』が台無しになる」と批判。中国と香港の両政府に対し、香港の人々が長年享受してきた権利や自由がさらに侵害されることがないよう、香港の市民や立法機関、司法機関と協力するよう求めた。(ロンドン=下司佳代子)