岐阜駅前にある織田信長像。「岐阜」という地名は信長が名付けたといわれる。


(乃至 政彦:歴史家)

これまで「日本を武力で統一する意思表示」と思われてきた織田信長の印判《天下布武》 。最近では「五畿内(天下)に幕府を再興する(布武)という表明」ではないかとされ、定説となりつつある。この新解釈は信長本人の評価が変わったことも影響しているだろう。今回の番外編は、この解釈では解決されない問題を挙げながら、《天下布武》について著者独自の見解を述べる。(JBpress)

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

《天下布武》の意味を再検証

 織田信長の印判《天下布武》の解釈が揺れている。

 これまでこの印判は「天下に武を布く」と読まれ、「日本を武力で統一する意思表示だ」と評価されてきた。

 この解釈は、古くから無理のない読み方とされ、ほとんど定説同然に受け入れられてきた。

 例えば、江戸時代の軍記『北越軍談』[巻第三]がある。ここでは若き日の上杉輝虎(謙信)が家来に向かい、「我等宥志(われらゆうし)の如きは、一世中に英天下護(ほどこ)し、越中・加賀・能登・越前の蓁薺(しんぜい/草むら)を芟(かえり)て(刈り取って)功臣に割与(わりあた)へ」と宣言する描写がある。「天下く」という文字の並びは、江戸時代にも無理のない言葉として受け入れられていたのである。

《天下布武》(織田信長印判:近代デジタルライブラリー『集古十種』[印章二])国立国会図書館


 だが、従来説だとおかしいことがある。信長はこの《天下布武》の印判を、上杉輝虎や小早川隆景など、ほかの群雄への書状にも使っているのだ。これだと受け取った大名が「俺の縄張りも武力で制圧するつもりなのか」と警戒する恐れがある。

 ならば、本当はどうなのかと多くの識者が頭を悩ませてきた。そこからひとつ有力な説が生まれた。「《天下布武》とは、信長が五畿内(天下)に幕府を再興する(布武)という表明だ」という新解釈である。これは現在、学界を中心に大きな支持を集めており、先日も「歴史秘話ヒストリア」で紹介されるほど有名になった。半ば定説の位置に落ち着きつつあると言ってよい。

《天下布武》の天下とは?

 ところでその「天下」を「五畿内」(山城・河内・和泉・摂津・大和の首都圏諸国)とする根拠はなんだろうか。

 実例を出して説明しよう。永禄9年(1566)5月9日付の上杉輝虎願文がある。これには「留守中の分国を気にすることなく、天下へ上洛せしめ(分国留守中きづかいなく天下江令上洛)」と、「分国(自分の勢力圏)」と「天下(京都)」を別の概念として使い分けている。

 ここから信長のいう「天下」もまた都を中心とする地域(「天下」)に足利幕府(「武」)を再興する(「布」く)想いを込めて、《天下布武》の言葉を選んだのだという解釈が成り立つことになったのだ。

 ちなみに信長が《天下布武》の印判を使い始めたのは、永禄10年(1567)の11月である。そして、越前にいた足利義昭から「京都を制圧して、予を将軍にしてもらいたい」と打診されたのは翌年6月である。信長が《天下布武》の四文字に魅かれ、これを印判にしようと考えた時期と、義昭の将軍就任に貢献しようと志した時期は、そこそこ近いと考えられる。

 おりしも《天下布武》の再検証が熱を帯びていた頃、歴史研究界では、信長の人物像が「時代の革命児」から「中世の保守派」へと変わりつつあり、さらに「はじめ信長は幕府再興に命がけで尽力していた」という評価が定着するようになって、そこから印判の解釈が劇的に変わったのだ。

 ここで冷静に考え直してみよう。従来説に疑問が提示されている最中に、信長の評価が変わったことから、「信長は幕府再興を考えていた」+「天下とは五畿内だ」=「だから《天下布武》は、幕府再興を意味するスローガンだったのだ」と情報をつなぎ合わせて、新解釈が生み出された。

 だが、わたしはこの解釈では解決されない初歩的な問題が、まだいくつか残っているように思えている。試しに4点ばかりその疑問を挙げさせてもらうと、‥群爾琉嫐、布武の意味、信長の息子たちが使っていた《一剣平天下》および《威加海内》という印判との整合性、そしてだ鏐饌臾召琉判意識の問題がある。

 これらを焦点に、それぞれの疑問と、それに対する私の見解を述べていこう。

‥群爾琉嫐

 まず当時の「天下」という言葉の意味である。先に見た通り、輝虎の願文でも天下は「上洛」という言葉と結合されていて、明らかに京都の意味で使われている。

 ルイス・フロイスも16世紀の書簡で、「天下、すなわち都に隣接する諸国からなる君主国」という表現を使っており、やはり天下は京都や五畿内を意識する使われ方がされている。ただ、フロイスが17世紀になってから書いた『日葡辞書』(1603年)で、「Tenca.テンカ(天下)」を「君主の権、または、国家」としており、京都や五畿内との関係を切り離している。当時の日本は、全国に「君主(大名)」がいて、それぞれ個別の「国家(分国)」を統治していた。だからこの辞書の言葉に従うなら、有力な群雄の数だけ「天下」があったことになりかねない。

 さて、ここから別の史料も引用しよう。15世紀末に、下総西願寺(千葉県市原市)で阿弥陀堂が造営された際、その堂内に「鎌倉の住人二郎三郎(かまくらの十人・二郎三郎殿)」の職人ぶりを「天下の名人(てんかのめいちん)」と銘記する墨書が挿入された。明応4年(1495)7月5日のことである。ここに戦国初期の関東で、関東の「天下」が認識されていた様子を読み取れる。

 それから半世紀後の天文16年(1547)に、甲斐(今の山梨県)の武田信玄が分国法『甲州法度之次第』(全55条)を定めた。その第20条目に「天下は戦国の世である以上、何を置いても武具を備えることが重要である(天下戦国之上者、擲諸事、武具用意可為肝要)」の一文がある。

 そして、信長の最盛期にあたる天正6年(1578)5月の吉川元長自筆書状に、「鹿介(山中幸盛)当世のはやり物を仕候、只今こそ正真之天下無双ニ候、無申事候」と播磨(今の兵庫県付近)で奮闘した山中幸盛を「天下無双」と高評する一文がある。

 これらの「天下」は、いずれも京都や五畿内ではなく、日本全国またはその地域の意味で使われている。こうした実情を踏まえると、「天下は日本の意味ではなく、京都または五畿内のことである」と言うにはもう少し突き詰めた論理が必要であると思われる。

 それでは、△飽椶蹐Α

布武の意味

 信長印判の「布武」という言葉は、日本語ではない。言い直すなら、日本人がひと目見て、すぐに意味を解する言葉として使われた形跡がない。信長がこれを使う以前に、使用された例が見出されていないのだ。では、「布武」なる言葉はどこから生み出されたのだろうか。

 川口素生氏の『戦国時代なるほど事典』(PHP文庫・2001)によれば、中国の古典『礼記(らいき)』に【堂下布武】という字句があり、これは「堂下を、布をまたぐ程度の歩幅で進む」というニュアンスの言葉であることが指摘されている。ここでいう「布武」は、武力や幕府とまったく関係がなく、「布をまたぐ」というぐらいの意味で、従来説・新解釈のどちらにも一致しない。

 だが、信長の《天下布武》と一文字違いの言葉であることは注目すべきである。しかも『礼記』は当時の禅僧にとっては必読常識の古典で、信長は禅僧の意見にしたがって《天下布武》の印判を定めたという所伝もあることから、この印判はここから考案された可能性があることを留意されたい。

0匆坦て發醗豬平天下の印判

 三番目に信長の次男・織田信雄と三男・神戸信孝の印判を見てみよう。信雄はその印判に、《威加海内》を、信孝は《一剣平天下》を刻み込んでいる。どちらも中国の古典に見える言葉で、その字句の通り、「国内に威を示す」「一振りの剣で天下を平らげる」という意味である。これらは従来説の《天下布武》=日本全国を武力で統一する(日本中に武威を示す)とほぼ同義と考えていいだろう。つまり、息子たちの印判は、従来説の補強材料となりうるのであり、さらには新解釈の否定材料ともなりえるのである。

 これと矛盾しない解釈もないわけではない。「信長の《天下布武》は、はじめ『畿内に幕府を再興する』という意味だった。それが将軍と対立してしまい、幕府を自ら滅ぼしてしまったことから『日本全国の武力統一』に変容したのだ」という捉え方だ。言うなれば、新解釈と従来説が結合した読み方である。

 一見合理的に思えるかもしれないが、わたしはこれも違うと思う。

 そろそろ最後の問題い妨き合ってもらおう。

だ鏐饌臾召琉判意識

 そもそもの話をしよう。腹を立てないで聞いてほしいが、わたしは「みんな信長の印判の意味を、そこまで深刻に考えてどうするの?」と思っている。

 どういうことか、簡単に説明しよう。

 まず信長時代における戦国大名の印判をよく見渡してほしい。そこに自分の政治目的または公約を言葉にして書き記した大名が、1人でもいるだろうか? わたしはちょっと思い浮かばない。

《禄寿応穏》(北条氏康印判:近代デジタルライブラリー『集古十種』[印章二])国立国会図書館


 北条氏康は、その虎印判に《禄寿応穏(ろくじゅおうおん)》の四文字を使った。言葉の意味はよくわからないが、なんとなく「民に穏やかな政治を行う」という意味で解釈されている。しかし古典にある言葉でもないらしく、あくまで推測に過ぎない。福禄寿(道教の神)に因むとも言われるが、だとすれば、現世御利益的な験担ぎの願いを込めたものだろう。それは決して、政治の思想や公約を掲げて宣言したものではない。

 氏康と同盟する今川義元は、《義元(ぎげん)》と《如律令(にょりつりょう/律令のようにやりますの意味)》の印判を使った。会津の蘆名止々斎(盛氏)は《止々斎(ししさい)》の判子を使用した。

《龍朱印》(武田信玄印判:近代デジタルライブラリー『集古十種』[印章二])国立国会図書館


 また武田信玄に至っては、龍のイラストだけを象る円形の印判で、そこには文字すら刻んでいない。完全にデザインの美しさのみに徹している。上杉輝虎は軍神の名前を使うのが通例だった。

 いくら探しても政治理念を主張するものは見当たらない。戦国大名には、印判をそんなことに使う発想自体なかったのだ。

《豊臣秀家》(宇喜多秀家印判:近代デジタルライブラリー『集古十種』[印章二])国立国会図書館


 天下人の関白・豊臣秀吉は堂々と《豊臣》や《寿比南山/関白/福如東海》を、徳川家康は《源家康忠恕》と、やはり理念ではなく自分が何者であるかを主眼に置いて字句を選んでいるようだ。いずれも重視したのは、自分のキャラクターをどう伝えるかであった。

 ここまで見てもらえれば、わかるだろう。戦国大名や天下人の印判は、政治思想や理念や公約を掘り込むような真似をしないのだ。それなのになぜ信長だけ、そのように解釈しようとしなければならないのだろうか。

結論は「考えるな、感じろ!」

 そろそろ私見による結論を出しておきたい。信長の《天下布武》は、信玄の龍朱印と同じく、カッコいいから選んだのだ。おそらく禅僧あたりが「【堂下布武】という言葉があります。これはこれからの信長さまの心構えを示すのに適切かと思われます」と提案して、信長は「ちょっと意味がわかりにくいな。どうせなら一文字変えて、《天下布武》にした方が見栄えがよくない? ほら、天下を武力で制するみたいな感じでイカすだろ? なッ……やっぱりこれだよな!」と、これを無茶苦茶に曲げ、日本語でも中国語でもない独自のデザインを作ったのだ。

 これまで見てもらったように、印判にスローガンが刻まれることはない。すべてはデザイン最優先である。だから本来は帝王の象徴である龍を印判を使った信玄を「不遜だ」と咎める者は当時どこにもいなかったし、信長が「俺こそ世界最強」「働いたら負け」のTシャツを着る感覚で、《天下布武》の印判を使っても、文句をつける者など現れなかったのだ。

 先ほどわたしが「みんな信長の印判の意味を、そこまで深刻に考えてどうするの?」と述べた理由も、これでお分かりいただけたと思う。信長の印判に、ありもしない意味を読み出そうと試みるのは、信長の軍旗に永楽銭が描かれているのを見て、「信長は重商主義で、この旗により自らの行政思想を表した」と唱える論者と等質だろう。その真意は、論理的に考えれば考えるほどドツボにハマる。

 たしかに当時の信長には幕府再興の志があった。しかしそんなものがなくってもこの印判を使っただろう。幕府と対立したあと、たとえば上杉輝虎に畿内を侵略され、領地が濃尾だけになっても、そのデザインを変えたりはしなかっただろう。

 ちなみに織田家臣だった小笠原秀政も、信孝同様《一剣平天下》の印判を使っている。かれはもちろん天下取りなど望めない小領主で、最期は大坂の陣で家康を守り、討ち死した。もし印判がその人の政治方針を示すものだとしたら、こんな不相応な字句は選ばなかったはずだ。だが、秀政はこの字句を選び、当時の武家社会もこれを許した。印判のデザインは、カッコよさを基準に決めていいという価値観が普及していたからだろう。

 今回のコラムは、昨年刊行の『信長を操り、見限った男 光秀』(河出書房新社)の一部をコンパクト化したものである。本書は一般読者だけでなく歴史学者たちにも好評で、論文でも何度か引用された。同書では今回のように、ほかで見られない信長論を展開している。本稿を面白いと思ったらぜひ立ち読みだけでもしてもらいたい。最後に、信長の真実を知るための合言葉をもって筆をおこう。

 ──考えるな、感じろ!

『信長を操り、見限った男 光秀』乃至政彦著(河出書房新社)


筆者:乃至 政彦