*写真はイメージ


(廣末登・ノンフィクション作家)

 前回の取材では、薬物汚染の第一線で闘っておられる北九州ダルク(https://kitakyu-darc.org/)の堀井宏和代表からお話を伺った。なぜ、このタイミングで薬物なのかと疑問に思う読者の皆様のために、麻薬取締官が警鐘を鳴らす薬物汚染の現状や、若者を蝕む大麻汚染の実態を紹介した。

(参考記事)「私、『生きるため』に覚醒剤続けました」
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60824

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ゲートウェイ・ドラッグの先にあるもの

 昨今、大麻を始めとする「ゲートウェイ・ドラッグ」の蔓延は、相当にヤバい状況にあることを日本社会が認識し、早急に対応を検討する必要がある。ゲートウェイ・ドラッグとは、その名の通り入門的な薬物であり、仲間内で手軽に始められる薬物を指す。しかし、それらの常習化は、新たな薬物への欲求を誘発するために軽視することはできない。

 ゲートの先にある新たな薬物とは、たとえば、覚せい剤である。我が国では、2016年から2019年にかけて、覚せい剤の押収量が4年連続で1トンを超えている。しかし、これだけの覚醒剤が押収されても末端販売価格に影響しないのが、日本社会における薬物汚染の現実だ。

 そうした脆弱な土壌に発生したのがコロナ禍である。この未曽有の事態により、会社の倒産、雇止め、解雇によって生じる所属が失われる不安定な状態が生じ、人の日常的な社会的接触を奪いかねない。当然、社会的孤立に伴う不安が高じるから、崖の上に立っている人の足下が崩れ落ちるような状態が生じる可能性が否めないのである。

 コロナ禍のあと、仕事を失ったり、収入が激減して人生設計が狂ったりすることで、薬物に逃避し(覚せい剤だけでなく、大麻、眠剤などの処方薬を含む)、依存する人たちが増加するのではないかと、筆者は大いに危惧している。

 各種薬物やアルコール依存症からの立ち直りを支援する団体のひとつに、ダルク(DARC)という民間組織がある。もし、この記事を読まれた方で、自分が、あるいは、家族や友人に依存症の不安があれば、ぜひ、ダルクの門を叩いて頂きたい。そして、それは、一日でも早いほど効果がある。

ダルクのミーティングのリアル

 筆者は、ダルクの活動実態を知るべく、北九州ダルクのミーティング(集団精神療法)に参加した。

 北九州ダルクは、1997年開所以来、地域社会と協働しながら、多くの薬物乱用者を受け入れてきた。運営スタッフは、北九州ダルクの代表を務める堀井氏を含むスタッフ全員が薬物経験者であることだ。

 ダルクの回復プログラムの冊子の最初のページを開くと、次のように書かれている。

<私たちは、ある期間薬物を使い続けたが、いつの日からかコントロールを失ってしまった。なぜ、そのことが起きたのか分からない。私たちは肉体的にも精神的にも、どんどん悪くなった。薬物のコントロール喪失だけではなく、感情や金銭や生活のコントロールさえできなくなった。

このどん底から立ち上がり、人間性や人生を回復するためには、新しい基礎とターニングポイント(折り返し点)が必要だった。

 ダルクに来て、それを見つけた。アディクトが回復していくダルク・プログラムは三つの基礎(ステップ)からつくられ、三つが一体となって効果がある。

(1)自分がアディクトであり、アディクションに対して無力であることを認める。
(2)自分の力だけでは、使わないこと(回復)できないと知り、私たち自身より上の力の必要性を感じ、信じる。
(3)行動をもって新しい生き方をはじめ、実践して任せる。>

 ここで、注目すべきは、回復プログラムのパンフレットが、冒頭から「一人称」で書かれていることだ。先述したように、北九州ダルクのスタッフは、皆、薬物依存から立ち直った経験者である。このことはとても重要である。

 経験者だから対象者の痛みが分かるし、立ち直りのプロセスをリアルに伝えることができる。ミーティングで話を聞いてみると、ダルクのスタッフはもとより、参加者は様々な「生きづらさ」を誤魔化す、あるいは逃避するために覚醒剤やアルコールに手を出し、乱用に至った実態が見えてくる。

彼らはどうして薬物の乱用に至ったのか

 ミーティングは、毎日2〜3回開催される。そこでは、都度、テーマを決めて、各人が語りっ放しであり、その語りに対する批判などはなされない。

 筆者が参加した日のテーマは「自分の生き方」であった。

<参加者A(女性)>
 薬物とつながる前は、グタグタになって生きていた。私は、ひっそりと腐ってゆく冷蔵庫の底の野菜のような人間だと思っていた。自分が楽しい時間は、日常生活では得られないと思って薬物に手を出した。
 ダルクに来て、薬物を使わないでよさげな生活もあることを知った。使わない時間を積み重ねることで、うっすらとではあるが、先が見えるようになった。しかし、先が見えることに慣れていない自分がいる。光が見えると悔しい――自分は腐ってゆかねばならないのに・・・戸惑い、ドロドロした感覚が懐かしいとも思える。
 希望と不安が混在した生活を経て、ダルクのプログラムに参加することで、「私、腐りそう」と、誰かに話すことができるようになった。話ができる人、話ができる場所が与えられた。

<参加者B(女性)>
 もともと同性にヒガミや妬みがあった。だから、カワイイ――ムカつく。彼氏カッコいい――ムカつく。金持ち――ムカつく。高学歴――ムカつく。他人のすべてにムカついていた。
 中学から女子校で周りがそこそこの家庭の子だった。私は、コンプレックスがあったと思う。自分にあるモノを見ずに、他人が持っているモノばかりに目が行く。19歳で薬物を使って楽になった。13年間、お酒とセットで薬物を使い続けた。周りには黙っていればいいと思った。黙っているのは嘘ではない。これは、自分ルール。嫌なことは酔って終わり。しかし、それでは解決しない。
 ダルクのプログラムを続けるうちに、今日、幸せだなと感じるようになれた。夫とのたわいない会話、実家の親との会話に幸せを感じることができるようになった。他人を気にせず、自分のために前向きに生きてみようと思える。

<参加者C(男性)>
 裕福な家庭に生まれて人生のレールが敷かれていた。バブル時代に大学生。毎晩、遊び歩いていた。バブル崩壊後も、この生活が永遠に続くと思っていた。そんな時にクスリに出会って、ストレートに生きてきた人生が馬鹿らしくなった。しかし、それが転落の序章であることが後になって認識できた。
 逮捕されて、執行猶予となったが、それでもクスリを使い続けた。そして、全てを失い、「どうやって生きてゆけばいいのか」途方に暮れた。
 プログラムを始めて、クスリとの縁切りは自力では無理ということに気付いた。ダルクという場、依存症と戦う仲間、何でも打ち明けられる仲間がいないと社会復帰できなかった。
 しかし、社会復帰して気づいたのは「普通の人になっちゃった」こと。過去の栄光は瓦解していた。そして、また、クスリに走ってしまう。その時は「自分は可哀そうだからクスリ使っていいんだ」という言い訳をして。結果、ヨレヨレになってダルクに帰ってきた。
 いま、常に自分に言い聞かせている。「新しい人生を始めなくてはいけない」と。これは具体化するにはもう少し時間が必要だと思う。

<参加者D(男性)>
 若いころは親に寄生して生きていた。高校の頃にクスリと出会った。仕事をしていた30代でも、親の支配は続いていた。自分が仕事に出ているとき、母親が部屋を掃除に来たり、何かと世話を焼く。煩わしかったが、困れば親に泣きつけばいいという思いもあった。
 20年くらいクスリを続けて、依存症になったのは親のせいだと思った。躾は厳しいし、言いたいこと言わせてくれない。そうした気持ちがある一方で、親に死なれたら困る――支配されたくないけど、依存できると思っていた。
「母子カプセル」という言葉を知った時、納得した。支配と依存の関係の継続。親子の関係を超えて、その外にある世界が見えなくなっていた自分に気づいた。
 ダルクの仲間と共にプログラムに参加して、仲間と共に社会性を身に着ける訓練をしている。これは、自立ための一歩。日を追うごとに、自分の人生を生きている感じがしてきた。自分の人生を、自分の意思で生きるために、親との距離を考える。そして、依存しないこと。いま、実践中である。

ダルクとは社会的居場所を提供する場である

 北九州ダルクの堀井代表いわく、薬物などの乱用に至った要因は、はじめモヤモヤしたものであり、本人に気づかないこともあるという。確かに、薬物乱用経験者の話を聞いていると、各人各様の使用に至った要因は異なる。それを、プログラムを経た今だから認識し、語ることができるのではないだろうか。

 薬物乱用者にミーティングが必要な理由を、堀井代表は、次のように語ってくれた。

ミーティングは、簡単にいうと、このモヤモヤを吐き出し、自分の内側を浄化するための「場」なのです。だから、はじめは「自分には関係ないな」と思っていたけれども、次第に「自分は物事を深刻に考え過ぎて生きているのがキツイのでは」と気づかされました。

 これは、お互いの話を聞いている内に徐々に分かってきます。自分で自問自答するだけでは気づけなかったことなのです。なぜなら、人に言ったこともなく、感じたこともない、いわゆる内面のモヤモヤしていたものを他の人が代弁してくれます。そこで、共感が生まれるのです。

 だから、自分も徐々に内面の話ができるようになります。このプログラムでは、言いっぱなし、聞きっぱなしですし、誰からも笑われず、軽蔑もされません。同じ悩みを抱えている仲間と、生きづらさの原因を共有できる場となります。そして、そうした経験は、安心感につながります。

 何より「その気持ち、分かるわ――」という感じですか。一般社会ではオカシイと言われてきたことが、「何だ、おれだけではなかったんだ」と気づきます。この気づきが、社会的な孤立の解消になるのだと思います>

 実際、参加者の話を聴いていると、他者と比較しての相対的欠乏感、親の過干渉、将来の不安等、各人各様の乱用に至った要因を知ることができる。そうした過去をさらけ出し、様々な生きづらさを感じている仲間と共に社会復帰するため、一時的なリハビリのための避難所、ありのままの自分を受け入れてくれる社会的居場所――それが、ダルクである。

様々な機関との連携

 薬物依存により、身体や精神に負担が掛かっている人は、医療機関への通院も欠かせない。前回の記事で紹介したマトリの瀬戸晴美氏が「薬物乱用防止の普及啓発活動をいま以上に強化・拡充し、依存者対策を官民挙げて進めることが急務」であると主張するように、薬物依存からの立ち直り支援は、官、民の支援、そして地域社会の理解なくしては機能しない。

 実際、ダルクの利用者は、覚せい剤等の乱用の結果、様々な問題を抱えている。通院している者も多い。地域の医療機関や保健所とダルクは緊密に連携している。

 しかし、北九州ダルクが活動する北九州市を、新型コロナの第二波が襲った。あろうことか、新型コロナとの闘いの最前線に身を置き、不眠不休で頑張っている医療従事者や役所の人たち、その家族は、差別や偏見によって追い詰められている。

地域社会の協働のために北九州ダルクが考えたこと

 こうした地域社会の深刻な問題に直面し、北九州ダルクや支援会(会長:北九州市議会議員・佐藤茂氏)によると、「平素からお世話になっている医療関係の皆様にエールを送りたい」、「ダルクの依存症の人たちが地域社会のお役に立てないか」と、知恵を出し合ったという。

 6月20日から立ち上げたプロジェクトは、「コロナ禍で頑張っている医療従事者等の方々に感謝のコーヒーを」という企画だ。自粛下の北九州市内、医療機関などコロナ禍の最前線で活躍する人たちに、コーヒーとお菓子でホッとできる癒しの時間を過ごしてもらいたいという願いが込められている。

 コーヒーは沖縄県の障がい者施設の商品、コーヒーとセットで配られるお菓子は、北九州市内の障がい者施設「NPOわーくわーく」の障がい福祉就労作業所と、高齢者施設「(有)さくら館」の商品である。今回のプロジェクトは、こうした障がい者施設の売上げにも貢献できる。コーヒーやお菓子の購入資金は、READYFOR株式会社のホームページ (https://readyfor.jp/projects/37108)を通して、クラウド・ファンディングで賄う計画だ。

北九州ダルクが医療従事者に提供するコーヒーとお菓子


 ダルク支援会の佐藤茂会長は、今回の企画につき、次のように思いを語る。

「北九州ダルクは、北九州市民の方々が応援してくれたからこそ、活動を続けることができた。今回のコロナ禍では、ダルクを育ててくれた地域社会に少しでも恩返しができればという思いから、コーヒーを配る活動を企画した。こうした活動に賛同頂ける方が増え、全国に広がり、ダルクのコーヒーを使って、障がい者施設や高齢者施設など、様々な団体の支援になれば嬉しい」

筆者:廣末 登