東京都 新モニタリング項目を公表

写真拡大

 東京都は新型コロナウイルスの感染の第2波に備えて感染の状況などを分析するための新たな項目を公表しました。警戒を呼び掛ける具体的な数値の基準は設けませんでした。

 都は7つの項目で感染の状況や医療体制の逼迫(ひっぱく)の度合いを分析するとしています。これまでの項目に加えて新たに救急患者の受け入れ先が決まらなかった件数や消防に寄せられた相談件数などが入っています。一方で、警戒を呼び掛けるための具体的な数値の基準は設けませんでした。都は今後、週に一度、専門家による会議を開いて7つの項目の数値を分析して状況が悪化していると判断した場合には都民に外出の自粛などを呼び掛ける方針です。