第7回「夏のホラー秘宝まつり2020」ポスタービジュアル

写真拡大

 観客参加型のホラー映画祭「夏のホラー秘宝まつり2020」が、東京、大阪、名古屋にて今夏開催されることが決まった。新作3本に加え、イタリア恐怖映画界の至宝マリオ・バーヴァの日本初紹介作品を含む名作特集など、ホラー8作品が集結する。

【写真】「夏のホラー秘宝まつり2020」で上映される新作映画3作品フォトギャラリー

 「ホラー秘宝まつり」は、2014年からホラー映画未開の地・キネカ大森にて開催がスタート。参加型イベントを多数開催するなど、多くのホラーファンから【観客参加型のホラー映画祭】として人気を集め、毎年動員が増え続けている。7年目の夏を迎える今年は、キネカ大森(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シアターセブン(大阪)の3劇場で開催される。

 本映画祭がプレミア上映となる新作は、江戸川乱歩の短編を現代にアレンジした双子姉妹の愛欲渦巻くエロティックホラー『メビウスの悪女 赤い部屋』、ガチンコ心霊ドキュメンタリー『怪談新耳袋Gメン』シリーズの最新作『怪談新耳袋Gメン2020』、韓国発“史上最恐のホラー映画”のうわさの真相を追ったオカルトミステリー『ワーニング その映画を観るな』の3本。

 さらに、ゾンビ映画黎明期の傑作『悪魔の墓場』が、待望のリバイバル上映。ジョージ・A・ロメロに触発され、イタリアで誕生した傑作ホラーが45年ぶりの時を超えてスクリーンに登場する。

 そして、マリオ・バーヴァ監督の傑作4選を特集。上映されるのは、『血みどろの入江』(日本初上映)、『リサと悪魔』(日本初上映)、『血ぬられた墓標』、『呪いの館』。ティム・バートン、クエンティン・タランティーノ、マーティン・スコセッシ、デヴィッド・リンチ、ギレルモ・デル・トロら、ハリウッド映画界を牽引する名監督たちに影響を与えたイタリアン・ホラー映画の父マリオ・バーヴァの日本初紹介作品を含む名作を総力特集する。

 「夏のホラー秘宝まつり2020」は、東京・キネカ大森にて8月21日〜9月3日、名古屋・シネマスコーレにて今夏、大阪・シアターセブンにて8月21日より開催。