日本フットボールリーグ(JFL)所属のFC大阪は30日、2021シーズンに向け、J3クラブライセンスを申請したと発表した。ライセンスが承認された上で、成績や観客入場数などの条件を満たせば、J3リーグに参入することができる。

 疋田晴巳代表取締役社長は公式サイトを通じて「まだまだ新型コロナウィルスにより多くの皆様が不安を抱き苦難を強いられる日々ですが、少しでも希望や喜びを感じていただけるようにFC大阪としてのチャレンジを推し進めて参りたいと存じます。来季、Jリーグの舞台で戦えるようにこれからも精進して参りますので、変わらぬご支援ご声援をよろしくお願い申し上げます」とコメントしている。