アップルがオンライン開催した開発者会議「WWDC 2020」では、今回は新しいハードウェアが発表されなかった。しかし、今秋公開が明らかになった「iOS 14」の新機能は、iPhoneのユーザーにとって大きな期待がもてるものだ。

「今秋公開の「iOS 14」で、あなたのiPhoneを進化させる10の新機能」の写真・リンク付きの記事はこちら

今回は「iOS 13」で搭載されたダークモードのように目を引く機能こそなかったが、ようやく実装されるヴィジュアル面での変化や完全な新機能、より洗練されたプライヴァシー関連機能など、全体的によくまとまっている印象がある。以下にiPhoneを進化させる主な10の新機能を紹介する。

1.デフォルトのブラウザーとメールアプリの変更が可能に

新機能のなかでも特に注目されているのが、メールやブラウザーのアプリとして、サードパーティー製をデフォルトに設定できるようになることだ。その注目度は、基調講演後のツイートの内容を『WIRED』UK版が分析しても明らかだった。ようやくユーザーの声が届いた、といったところなのだろう。

これまでも「Google Chrome」や「Gmail」、その他のマイナーなアプリを利用すること自体はできたのだが、iOS 14ではこれらを標準アプリとして設定できるようになる。つまり、リンクをクリックしたときに標準で開くアプリを自由に設定できるようになるのだ。これは素直に喜ばしいことである。

2.個人情報の管理機能が強化

「App Store」で配信されるアプリがユーザーをトラッキングする際には、ターゲット広告を含むいかなる目的であっても利用者の許可が必要になる。こうしたユーザー側の個人情報の管理機能が強化されたことは驚きだった。

なかでも実際にiOS 14で試してみたいのが、位置情報について「おおよその位置」を共有できる機能と、マイクとカメラの使用状況を画面上に表示する機能だ。また、ブラウザーとして「Safari」を使っていれば、「Privacy Report」機能でサイトが扱う個人情報を確認できる。

3.ホーム画面の全面刷新

Android端末や、かつて存在していた「Windows Phone」のユーザーは、カスタマイズ可能で動的なコンテンツ表示に対応したウィジェットをホーム画面で活用してきた。iOS 14での新しいホーム画面では、これらよりも動的なコンテンツをウィジェットとして配置可能になる。具体的には、さまざまなサイズのウィジェットをホーム画面に配置し、天気予報やスポーツ、イヴェント、その他あらゆる情報をリアルタイムで表示できるようになる。

iOS 14のホーム画面には通常のアプリのアイコンのほか、動的な表示に対応したカスタマイズ可能なウィジェットが表示される。IMAGE BY APPLE

4.アプリを自動整理する「App Library」が追加

散らかりがちだったアプリのアイコンが、これからは新しい場所に集約される。新機能「App Library」は自動でアプリをカテゴリー別に分類してくれるフォルダーで、ホーム画面を右にスワイプしていった最終ページに追加される。例えば、フィットネスやエンターテインメントといったジャンル別の分類や、最後に使ったアプリ、提案されたアプリなどを表示できる。

今後は通常のアプリのアイコンを非表示にして、「App Library」に素早くアクセスできるようにするオプションも用意される。ホーム画面にこだわりのある人にとっては興味深い変化になり、そうでない人にとってもメリットのある機能になりそうだ。

5.「メッセージ」に多様な機能

「メッセージ」アプリの機能が強化される。すでにほかのプラットフォームで一般的なものもあるが、おそらく最も多用されるのは、グループメッセージでメンションやインライン返信ができる機能だろう。メッセージを最上位にピン留めする機能も便利に使えるはずだ。

さらに、メッセージのグループに写真や絵文字を設定できるようになるほか、「ミー文字」が刷新されて多様化し、ヘアスタイルや“かぶり物”の種類が増える。そして今年の世相を反映してか、マスクも使えるようになる。

iOS 14の「メッセージ」では、メンションやインライン返信に対応する。IMAGE BY APPLE

6.Siriがポップアップ表示になる

デザインの刷新によって、音声アシスタント「Siri」が使いやすくなる。これまでは起動のたびに全画面を占領していたSiriは、今後は表示中の画面上に重ねて表示され、さまざまな場面で呼び出せるようになる。ウェブを閲覧中にも、電話やFaceTimeでの通話中にも利用できるのだ。決して人気とは言い難いこのアシスタント機能をより頻繁に使ってもらう施策であることは明らかだが、今後は従来の20倍もの情報にアクセスできるようになるという事実のほうが効果は高そうだ。

こうしたポップアップ表示に関していえば、Siriのほかにも新機能がある。アプリを開きながら動画を視聴できる「ピクチャー イン ピクチャー」機能や、使用中のアプリから切り替えることなく通話に対応できる機能が追加される。いまさらという感も否めないが、便利なことは確かだろう。

7.翻訳機能の追加

アップルは新しい翻訳アプリ「Translate」を追加するが、ここでもプライヴァシー保護の立場を貫いている。このアプリは、英語、中国語(普通話)、日本語、韓国語、ブラジルポルトガル語、アラビア語、欧州の主要言語を含む11の言語を、テキストと音声で翻訳できる。

デヴァイス上で完全オフラインで動作し、画面上の会話表示では話されている言語を自動識別できる。この分野におけるグーグルの試みは当初はやや期待外れだったが、アップルのアプリが実用的なものになっているか見守ることにしたい。

アップルの「Translate」アプリは、話されている言語を自動認識できる。IMAGE BY APPLE

8.健康やスマートホーム関連の機能が進化

iOS 14では「ホーム」アプリに目立った変更点はなく、「HomePod 2」についても新しい情報は出ていない。一方で、「コントロールセンター」からは、より素早く各種設定や補助機能にアクセスできるようになり、スマートホームの自動化を提案する機能や、「HomeKit」対応の照明器具の色温度を時間帯に応じて自動調整する「Adaptive Lighting」機能が追加される。

iOS 14の「ヘルスケア」アプリでは、「Apple Watch」に追加される睡眠トラッキング機能で睡眠を記録できる。また、「ヘルスチェックリスト」機能では、緊急SOS、メディカルID、心電図、転倒検出などの健康と安全に関する機能を一括して管理できるようになる。

9.iPhoneがクルマのキーになる

ほかにも楽しみな新機能がいくつかある。そのひとつが、iPhoneをクルマのキーに変える「Car Keys」だ。これはBMWとの提携によって実現した機能だが、ほかの自動車メーカーも追って加わることになる。

Car Keysに対応したiPhoneがあれば、iPhoneだけでクルマを施錠・開錠したり、エンジンを始動したりできる。また、“鍵”のデータをiMessageでシェアすることも可能だ。この機能はiOS 13にも追って対応する。

10.アプリなしでも動く「App Clips」の導入

「App Clips」は、新しいアプリをまるごとダウンロードしてアカウントを登録することなく、その一部の機能を“ミニアプリ”として使えるようにする。例えば、自転車のレンタルやカフェでの会計時に、専用アプリなしで「Apple Pay」で支払う、といったことだ。この機能は、ウェブブラウザーやメッセージ、あるいはNFCやQRコードから起動できる。

この機能をiOS 14が公開された時点で普及させることは難しいかもしれないが、長期的には素早くアクセスできるミニアプリ(サイズは10MB以下)として開発者が注目するかもしれない。その点では、同様の機能をもつグーグルの「Instant Apps」も注目していい。いずれにしても、将来的な展開に期待したいところだ。

※『WIRED』によるアップルの関連記事はこちら。