町田、グラウンドとクラブハウス一体の新トレーニング施設整備開始を発表

写真拡大

 FC町田ゼルビアは30日、新施設の整備が決定したことを発表した。

 町田は、「町田市、市民の皆様の協力を受け、鶴見川クリーンセンター(東京都町田市三輪緑山一丁目1番地)内にJ1への新拠点となるトレーニング施設の整備が決定した」と発表。「このトレーニング施設を「町田を世界に!」と掲げるクラブの想いが叶う場所に、そして子どもたち・青年たちの夢の創造の場所となるように、今後も変わらず努めてまいります」と伝えている。

 2020年6月25日に開始し、2021年7月に終了予定のトレーニング施設は、本棟2階建・別棟平屋建・延床面積約1700屬離ラブハウス、2面・総面積約18000屬療形骸妊哀薀Ε鵐匹一体となった施設となるようだ。

 町田は「緑豊かな三輪緑山の素晴らしい景色にとけ込み、自然と調和した建物となるようデザインしていただきました。町田市の木で、ゼルビアの名前の語源となっているけやき(ゼルコヴァ)をモチーフとした大小二つの跳ね屋根で、新拠点を象徴するゲートとしての建築をつくります。建造物全体にあたたかみのある雰囲気を醸し出すことで、使用する選手だけでなく、ここを訪れる皆様が落ち着ける空間となることを意識しております。周囲の桜並木など現状の景観を最大限活かし、また同時に外周路なども整備して地域に開かれた、近隣住民との共生を深く感じさせる施設を目指します」と説明している。

 同クラブはJ1ライセンスの取得を昨年発表していたが、「設備基準を満たしたクラブハウス、天然芝またはハイブリッド芝ピッチを1面以上有する専用の練習場」を「『2020シーズンにJ1に昇格した場合、2022年6月末までに工事完了し、供用開始が行われなければならない』という条件付きでクリアとなりました」と条件付きであることを明かしていた。

 町田は今回の着工でこの条件をクリアする予定。代表取締役社長の大友健寿氏は、リリース掲載に当たり、次のようにコメントしている。

「この度、町田市、地域の皆様の多大なるご協力をいただき、念願だったトレーニング施設の整備が始まります。現在改修中のスタジアムも含め、J1ライセンス充足に向けて大変大きな歩みとなりました。改めまして、ご尽力いただきました町田市、近隣住民の皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました」

「また、限られた予算と厳しい条件の中で、クラブと同じ方向を見ながら、誠実に取り組んでくださっている設計・施行業者の皆様にも、心より感謝を申し上げます。この施設は町田市のスポーツ推進条例のホームタウンチーム活動場所の整備ということで、トップチームの練習場として近隣住民様の環境に配慮し、施設全体を市民と活用していくことも検討しながら運用してまいります」

「ここは町田市からお借りしている土地となりますが、FC町田ゼルビアの歴史を支えていただいた皆さんにとっての『我が家』が整備できることに、本当に感慨深く感じております。これを励みに、より地域の皆様に愛されるクラブになれるよう活動を続けてまいります。皆様には引き続き、ご支援ご協力を賜れればと存じます」