自衛官候補生の初任給14万2100円に 8月末から適用

写真拡大

 政府は自衛官候補生の初任給を8600円上げる政令を閣議決定しました。8月末に入隊する候補生から適用されます。

 河野防衛大臣:「あんまり大声で言うといかんのかもしれませんが、警察消防といつも比較されておりましたが、遜色ないというかむしろ良いぐらいの待遇になっております」

 これまで自衛官候補生の初任給は13万3500円で、採用試験の区分が高卒程度の学歴に変更されたことで14万2100円にアップしました。また、自衛官候補生から任期制自衛官に任官する際に支給される一時金についても22万1000円とこれまでより4万5000円も増額されます。防衛省は昨年度に5年ぶりに採用計画数を達成しましたが、河野大臣は「魅力化につながることを期待したい」と述べています。