米ESPNが甲子園を特集(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

写真拡大

米ESPNがドキュメンタリー放送にあわせて記事を掲載

 甲子園球場で8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会は、新型コロナウイルスの影響で中止となった。大谷翔平投手らを輩出した日本の高校野球について、米スポーツ専門局「ESPN」が注目。29日(日本時間30日)に放送されたドキュメンタリー特番にあわせて記事を掲載している。

 同局は「ショウヘイ・オオタニやユウセイ・キクチなどのスターを生んだ大会の新しい野球のドキュメンタリー映像」と見出しを打って記事を掲載。放送されたドキュメンタリー番組について紹介している。

 記事では「日本のどの球場のグラウンドも神聖なものとして見なされている。試合前には高校生の選手たちは集まり、ベンチの前に一列に並んでお辞儀をする。これは球場を提供してくれたことへの感謝を意味するのだ」と紹介。甲子園独自の文化をこう続けて記載している。

「甲子園は国民的英雄を生み出す。しかし、この大会は1回負けたら終わりのシステムで、敗退した選手たちは、甲子園の砂を生涯の宝物として集める。ほとんどの選手たちは涙を流しながらこの砂をすくう」

花巻東・佐々木監督が語った大谷「確実に適応する」

 同局は佐々木洋監督が率いる岩手・花巻東と、佐々木監督が師と仰ぐ水谷哲也監督の神奈川・横浜隼人に取材。記事では同局の記者ティム・キーオン氏が、大谷の恩師でもある佐々木監督に取材したエピソードもこう記載されている。

「私(キーオン氏)が日本に滞在しているとき、オオタニは米国で最初の春季キャンプを行っていた。彼は思うようにストライクが入らず、ヒットも打てていなかった。私はササキ監督にオオタニが米国に適応できるかを尋ねた。彼は笑顔でこう答えた。『いまは苦しんでいるが、確実に適応する』と」

 大谷ら一流選手の土台となっている高校野球。今年は新型コロナウイルスの影響により、5月20日に夏の甲子園大会の中止が決定。現在は各県別に独自大会の開催に向けた検討、準備がなされているところだが、球児が目指す日本の甲子園は海の向こうでも関心が高いようだ。(THE ANSWER編集部)