本日6月30日、たぬきちがどうぶつの森公式Twitterアカウントの案内役を降板することが発表された。7月からはこれまで通り、しずえさんが案内役となる。「みなさん、今までありがとだなも♪」と最後の挨拶のツイートも投稿された。

 『あつまれ どうぶつの森』の発売を1ヶ月後に控えた2月20日、案内役がしずえさんからたぬきちに変更されたことが話題となった。約4ヶ月の任期を終え、2020年がちょうど半分過ぎる本日、案内役がふたたび交代となる。

 案内役がしずえさんからたぬきちに交代が発表された時は、ゲームでも借金取りの役割を受け持つためあまり好かれていないからか、「しずえさんをどこにやった」、「もどして!」など、交代を否定する反応も多く見られた。

 しかし、4ヶ月間しっかりと案内役を務めるなかで少しずつ認められたのか、引退を告げるツイートの反応は別れを惜しむものがかなり多い。新型コロナウイルスの感染拡大の影響にも負けずゲームも無事に発売され、さまざまなゲーム内のイベントを案内したたぬきちは、いつの間にかファンとの絆を深めていたようだ。

 英語やフランス語、スペイン語などの海外版『どうぶつの森』の公式Twitterアカウントでは、記事執筆時点でまだ交代の報告はされていない。しずえさんから交代になったときは世界中で一斉に交代となったので、早晩発表されるだろう。

(画像は『どうぶつの森』公式Twitterアカウントより)

 公式Twitterアカウントでのたぬきちの最後の仕事は、6月から9月の間に北半球の島でムシとり大会を行うという案内だった。毎月第4土曜日に開催されるので、たぬきちのことを思い出しながら忘れずに参加してほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros