【Amazon7月新着】『ハンナ〜殺人兵器になった少女〜』シーズン2、インド発スリラーが登場!

写真拡大

Amazon Prime Videoで7月に楽しめる新着コンテンツが発表された。海外ドラマでは、Amazon Originalのドラマシリーズ『ハンナ 〜殺人兵器になった少女〜』シーズン2、インド発スリラーなどがお目見えとなる。

2011年に公開されたアクション映画『ハンナ』をドラマ化した『ハンナ 〜殺人兵器になった少女〜』では、殺人マシーンとして育てられた少女ハンナが、自分を生まれた時から狙っていたCIAエージェントと闘いを繰り広げていく。主人公のハンナを映画版のシアーシャ・ローナン(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)に代わって演じるのは、エズメ・クリード=マイルズ。俳優のチャーリー・クリード=マイルズ(『Giri / Haji』)とサマンサ・モートン(『ウォーキング・デッド』)を両親に持つサラブレッドだ。

その他では、同じくAmazon Originalでインド初のスリラードラマが到着。親は愛する子どものためにどこまでできるかを描くシリーズで、2018年に本国で先行配信された『ブリーズ 〜父親の葛藤〜』と新作『ブリーズ 〜光と影〜』が同時に日本上陸を果たす。

さらに、DEA(麻薬取締局)捜査官の誘拐殺人事件を追う骨太のドキュメンタリー『ラスト・ナーク 〜麻薬捜査官 殺害の真相を暴く〜』も到着する。

主な新着コンテンツは以下の通り。

【海外ドラマ】
<7月2日(木)より配信>
『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2
<7月3日(金)より配信>
Amazon Original『ハンナ 〜殺人兵器になった少女〜』シーズン2 ※独占配信
<7月10日(金)より配信>
Amazon Original『ブリーズ 〜父親の葛藤〜』シーズン1 ※独占配信
Amazon Original『ブリーズ 〜光と影〜』シーズン1 ※独占配信
<7月17日(金)より配信>
Amazon Original『候補者 〜メキシコシティの闇〜』シーズン1 ※独占配信

【バラエティ/ドキュメンタリー】
<7月24日(金)より配信>
Amazon Original『ジム・ガフィガン:世界は驚きに満ちている』シーズン1 ※独占配信
<7月31日(金)より配信>
Amazon Original『ラスト・ナーク 〜麻薬捜査官 殺害の真相を暴く〜』シーズン1 ※独占配信

※一部、情報解禁等の都合上、配信予定をお知らせできない配信作品がございます。また、配信開始日は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

(海外ドラマNAVI)

Photo:

Amazon Original『ハンナ 〜殺人兵器になった少女〜』シーズン2