ファミマの『ファミチキ』

写真拡大

 ファミリーマートは30日、看板商品であるフライドチキン『ファミチキ(骨なし)』の累計販売数が15億個を突破したことを発表した。

【画像】17年に新登場したファミチキ先輩 ジーパンに袋から手

 2006年10月の誕生から、2020年10月で15年目を迎える同商品。フライドチキンと言えば“骨付き”が一般的だったが、食べやすさとサクサクとした衣の食感や柔らかくてジューシーな鶏肉の味わいが支持され、今ではホットスナックのみならず、ファミリーマート全商品の中で売上数量NO.1の商品にまで成長した。これまでに発売したファミチキは16種類にのぼり、ファミチキ(骨なし)のみの販売数は、発売から現在までで15億個を超え、1秒あたり約3.5個を販売している計算となる。

 17年には、『ファミチキ』をモチーフにしたキャラクター「ファミチキ先輩」も登場。今ではファミリーマートには欠かせない存在となっている。

 また、この記録を記念して、ニンニクの効いた味わいの『ファミチキ(ガーリック味)』を、きょう30日から発売する。