ホンダ、「400X」のカラーリングを変更 赤いシートレールがアクセント

写真拡大

本田技研工業は、水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・399ccエンジンを搭載したクロスオーバーモデル「400X」のカラーリングを変更し、7月31日に発売する。

今回、400Xのシートレールをレッドに変更することでアクセントを加え、力強くアクティブな印象を表現した。ボディカラーは、新たに採用した軽快な印象の「パールグレアホワイト」と、タンクシェルからフロントカウルのサイド部分のカモフラージュ柄をレッドとすることで継続色でありながらも情熱的な印象を加えた重厚感のある「マットバリスティックブラックメタリック」の全2色をラインアップする。

価格は82万6100円。