前澤友作氏(2019年9月12日撮影)

写真拡大

ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が、好きなことを仕事にすることへの思いをつづり、否定的な意見を受けて複雑な思いを吐露した。

前澤氏は29日、ツイッターで「好きなことやろうよ」と呼びかけるイラストを投稿。「車の運転が好きだからドライバーやる。人が好きだから接客業やる。釣りが好きだから釣具屋さんで働く。好きなことを仕事にすることってそんなに難しいことじゃないと思いますけど」と自身の考えを示した。

しかし、フォロワーからは「簡単に言うなよ」などと否定的な意見も寄せられ、30日には「好きなことを仕事にするのって自分の中では当たり前だと思って生きてきたけど、そんな人一握りだとか、そんなことできるわけないとか、お金がないとできないとか、そんなレスをたくさん目にし、一度も就職したことのない自分の世間知らずさを痛感する朝。おはようございます」とツイートした。