5Gってドラえもん?「のび太登場」篇より
 - (C)Fujiko-Pro

写真拡大

 俳優の堺雅人が、7月1日より放映される「SoftBank 5G」と「ドラえもん」のコラボCMで、45歳の野比のび太として登場することが明らかになった。15歳の野比のび太に鈴木福、のび太のパパに小手伸也、ママに阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子がふんする。

 『ダイ・ハード』や『アルマゲドン』などのスター俳優、ブルース・ウィリスがドラえもんにふんし、反響を呼んだ同テレビCMシリーズ。続編となる「のび太登場」篇は、前回、引っ越し先を間違えたドラえもんが、破壊してしまった白戸家の屋根からタケコプターで出てくるところからスタートする。

 その後、ドラえもんが引っ越しの荷物を新居に運んでいたのび太(鈴木)たちと合流すると、ドラえもんを追いかけてきた白戸家の家族も外に出てきて、お隣さんとなった白戸家、野比家が対面。すっかりテンションが上がったアヤ(上戸彩)とお兄ちゃん(ダンテ・カーヴァー)がのび太の机を指差し、「これ、タイムマシン?」と反応すると、次の瞬間机の引き出しからメガネ姿の男性(堺)が登場。白戸家のお父さんが「誰だ! お前は!」と訊ねると、男はなかなか引き出しから出られずあたふたしながら「45歳の、のび太です」と自己紹介する笑撃の展開を迎える。

 45歳ののび太役の堺は出演に、「ドラえもんは子供の頃からとても好きな番組だったので光栄です。こんな日も来るんだと。タイムマシンがあったら、当時の自分に教えてあげたいですね。大人になったら、のび太の役をすることになるよと。アニメも見ていましたが、特に漫画は繰り返しコミックスを読んでいました」とコメント。

 もしも「ドラえもん」のひみつ道具が使えるとしたら、「『タイムトンネル』とか、『タイムふろしき』とか、『タイムマシン』とか、時間を行き来するひみつ道具を使ってみたいですね」と回答。その理由を「死んだ人に会いに過去へ行ったり、生まれて来る子供の将来をのぞくために未来へ行ったり知りたいような、知ると怖いようなところもありますけどね。自分のことで言うと、どの食べ物に気をつけないとこの病気になってしまうとか、そういうのが詳しく分かりそうです。あの時に食べた物が良くなかったから病気になったとか、あの時に腰をねじったから今も痛いんだとか」と話している。

 大ヒットドラマ「半沢直樹」シリーズの夫婦役でも知られる堺と上戸の顔合わせも眼福だ。(編集部・石井百合子)

ソフトバンク 5Gって ドラえもん?新テレビCM「のび太登場」篇(15秒・30秒)は7月1日より全国で放映