2021年に放送が決定 (C) 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

写真拡大

 テレビアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」(「はめふら」)第2期の製作が決定し、2021年に放送されることが明らかとなった。

 第1期最終回の放送終了後にオンエアされたCM内で発表された。CMではこれまでの名シーンを振り返ったあと、主人公カタリナ(CV:内田真礼)の脳内会議メンバー、通称カタリナファイブによって第2期製作が伝えられ、カタリナの悪役令嬢顔がネオンに照らされる内容になっている。

 あわせて、カタリナらメインキャラクターが幼少期と現在の姿で集合したお祝いビジュアルと、キャラクター原案とコミックを担当する、ひだかなみ氏によるお祝いイラストも披露されている。

 同作は、山口悟氏によるライトノベルのアニメ化。前世で夢中になっていた乙女ゲームの世界に悪役令嬢として転生したカタリナが、国外追放や殺されてしまう“破滅フラグ”を回避して幸せな未来をつかみとろうとする。第1期は井上圭介が監督を務め、SILVER LINK.がアニメーション制作を担った。