社会に不安が高まっている現在、避けられるリスクには、自分で対処したいもの。今だからこそ、防犯意識を高めて、自分、家族と財産を守りましょう。防犯アドバイザーの京師美佳さんに教えていただきました。

≪目次≫
●知っておくべき防犯Q&A
 Q. ストーカーの防犯対策は?
 Q. 110番をかけるときの手順って?
●性犯罪にあってしまったとき、困ったときの相談場所
●教えてくれたのは……京師美佳さん プロフィール

知っておくべき防犯Q&A

******************
[Q] ストーカーの防犯対策は?
******************

[A1] 5W1Hを記録する

いつ、誰が、どこで、何を、どんなふうにしたのかを正確に記録。「5月26日20時ごろ、自宅前で●●がインターホンを鳴らして会いたいといい、拒否しても、3時間外で待っていた」など。これが証拠となり、捜査や裁判で役に立ちます。

[A2] ストーカーに狙われやすいのはすぐ「NO」と言えない人

「行かない」「復縁しない」など、その場ですぐに断らず「また今度」とか「時間が合えば」と、望みを持たせたまま交流を続けていませんか? そのまま数週間経って、突然、着信拒否やブロックをすると、相手が逆上し、ストーカー化するきっかけに。

[A3] SNSはすべて事後報告

SNSで、「旅行に行ってきます」「今、美容院でカット中です」など、未来のことや現在進行形でアップすると、ストーカーが出没したり、空き巣被害にあう原因になります。「行ってきました」と、すべて事後報告で書くようにしましょう。

[A4] 少しでも早く相談を

ストーカーの8割は、元夫や元恋人。身内であるがゆえに、警察への相談をためらっていると被害が大きくなります。

実際は、警察からの警告の電話など、第三者の介入があるだけで、あっさり解決することが多いのです。まずは、警察相談専用電話「#9110」に連絡を。

捜査に入る場合でも、メールでの脅迫の場合、個人情報保護法の壁もあり、発信元を調べるのに3か月ほどかかります。その間、被害を受け続けることを防ぐためにも、少しでも早く対応し始めましょう。

出典: FASHION BOX
【知っておきたい防犯対策】10項目で自宅をチェック! [防犯アドバイザー監修]

防犯のプロが教える<痴漢にあったとき・夜道・ひとり暮らし>のNG行動とは?

******************
[Q] 110番をかけるときの手順って?
******************

[A]

110番にかけると「事件ですか、事故ですか」と聞かれます。落ち着いて「泥棒に入られました」など、状況説明を。間違って途中で切ってしまっても、折り返しかかってきます。

\手順を覚えておこう/

いざ、犯罪や危険な目にあったときに慌てないように、通報してからの流れを知っておきましょう。家が荒らされているときでも、そのままにしておくこと。指紋や証拠が見つかる場合も。

<<<110番でのやりとり>>>

【STEP 1】
自分の住所、氏名を言う

【STEP 2】
状況説明。「泥棒に入られました」
「自宅前に不審者がいて怖いので来てください」など。

【STEP 3】
不審者が自宅前にいて怖いなどで通報した場合、相手の特徴や経緯(黒い服の男で、もう2時間以上家の前にいる)などを伝え、さらに、なぜ不安に思っているのか? どうしてほしいのか? も、伝える。

【STEP 4】
警察官が到着するまで自宅内で待機。現場保存を徹底する。大事な犯人の痕跡を消すことになるので掃除などはしない。

【STEP 5】
警察が来たらまず身分確認。身分確認が終われば、あとは警察の指示通りにしてください。

【STEP 6】
動産保険などで泥棒の被害が補償されます。保険で窓ガラスを直すなどの対応をするときには警察の受理番号が必要になるので必ずもらってください。

出典: FASHION BOX
プロが選んだ100均でおすすめの防犯グッズ8選! これでお家の防犯対策を

犬山紙子が夏の思い出を報告! 夫が通報された?!

性犯罪にあってしまったとき
困ったときの相談場所

▶警察庁の性犯罪被害相談電話全国共通番号
「#8103(ハートさん)」

各都道府県警の性犯罪被害相談電話窓口につながる、全国共通の短縮ダイヤルです。被害にあったら、まずここに電話を。通話料無料のフリーダイヤルで、24時間対応。「あなたの心(ハート)に寄り添う相談窓口」という意味が込められています。

▶犯罪・性暴力被害者のための
ワンストップ支援センター

内閣府のHP上より全国の性犯罪被害窓口の一覧が見られます。各窓口は、産婦人科医療やカウンセリング、法律相談窓口とも連携。今まで別の窓口で行っていた相談や手続きを一括で進められるようにすることで、被害者の負担を少なくする取り組みです。

▶全国被害者支援ネットワーク

性犯罪に限らず、さまざまな犯罪被害者支援を行うネットワーク。全国48の加盟団体が電話相談や面接相談、裁判所や警察などへの付き添いを行っています。事件発生時だけではなく、捜査や裁判の段階まで、切れ目ない支援が受けられます。

スマホの「AirDrop痴漢」を防ぐには? 知らないと危険なiPhoneワザ

教えてくれたのは……
出典: FASHION BOX

京師美佳さん Mika Keishi プロフィール

防犯アドバイザー。セキュリティ会社、防犯ガラスメーカーを経て、京師美佳セキュア・アーキテクトの代表に。講演などで防犯啓蒙活動を行う。

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮くださいtext_Ema Tanaka
illustration_Nonoco Shiraishi
(リンネル 2020年7月号)web edit_FASHION BOX, Ayaki Ando[vivace]