楽天・松井裕樹

写真拡大

◆ 2試合続けて5回を投げ切れず…

 楽天は29日、松井裕樹投手(24)の一軍登録を抹消した。

 松井は桐光学園高から2013年のドラフト1位で楽天に入団した24歳の左腕。2015年から守護神として活躍を見せ、昨年は自身初となる最多セーブのタイトルも獲得したが、今季からプロ1年目以来となる先発へ本格的に転向。開幕ローテーションに入り、ここまで2試合に登板していた。

 しかし、今季初戦となった20日のオリックス戦は4回1失点で降板。85球とやや球数を要し、勝利の権利がかかる5回を前にマウンドを降りると、27日の日本ハム戦も4回2/3を4失点で降板。2戦続けて5回を投げ抜くことができなかった。

 チームはその2戦とも勝利を収めているものの、先発投手としての仕事を果たすことができず。3度目のマウンドを前に、登録を抹消されることとなった。

 その他、29日の公示は以下の通り

◆ 6月29日の出場選手登録・登録抹消

東北楽天ゴールデンイーグルス

=抹消=

1 松井裕樹/投手

■ オリックス・バファローズ

=抹消=

0 勝俣翔貴/内野手

■ 読売ジャイアンツ

=抹消=

51 田中俊太/内野手

■ 阪神タイガース

=抹消=

34 谷川昌希/投手

40 福永春吾/投手

■ 中日ドラゴンズ

=抹消=

63 堂上直倫/内野手