デルとEMCジャパン(デル テクノロジーズ)は6月29日、エッジコンピューティング用サーバー「Dell EMC PowerEdge XE2420」、サーバー管理テクノロジーにテレメトリーデータストリーミング機能を追加する「Dell EMC iDRAC9 Datacenter」ライセンスを発表した。ともに7月1日から提供開始予定。

Dell EMC PowerEdge XE2420

「Dell EMC PowerEdge XE2420」は、奥行きの浅いコンパクトなサーバー。最大4つのアクセラレーターとサーバーあたり92TBの内蔵ストレージを追加できる低レイテンシーの2ソケットシステムとなっている。

また、NEBSに認定されているとともに、動作温度に対して高い許容度を備え、オプションで防塵フィルターベゼルを利用できるなど、厳しい環境での運用を念頭にデザインされている。フロントアクセス式の入出力と電源によりフィールドでのメンテナンスも簡単に行えるという。

Dell EMC PowerEdge XE2420(裏面)

「iDRAC 9 Datacenter」ライセンスは、エッジオペレーションの解析に不可欠なテレメトリーデータ配信機能をすべての「Dell EMC PowerEdge」サーバーに提供するなど、サーバー内蔵管理テクノロジー「Dell Remote Access Controller」に新たな機能を追加するソフトウェアライセンス。これにより企業は、エッジ環境の展開、セキュリティー確保、運用の要件を満たすことができるとしている。

リモートからのサーバー展開に優れ、マニュアル作業をする場合と比べて初期設定後の管理者による管理時間をサーバーあたり最大99.1%軽減できるという。また、ストリーミングテレメトリー機能によりインフラ運用におけるトレンドの発見、オペレーションの微調整、予測分析が可能で、ピークパフォーマンスを確保しながらダウンタイムを減らし、リスクを軽減することが可能になるということだ。

価格は「Dell EMC PowerEdge XE2420」サーバーが140万1775円〜(税別)。「Dell EMC iDRAC9 Datacenter」ソフトウェアは9万4000円〜(税別)。