米コカ・コーラ社がSNSでの広告を30日間停止 人種差別問題をめぐり

ざっくり言うと

  • 米コカ・コーラ社がSNSへの広告掲載を少なくとも30日間停止すると発表した
  • 人種差別問題を巡り、同社CEOはSNS各社に対して透明性の改善などを要求
  • また、停止している間に自社の広告ポリシーを再検討するとも話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x