世界最小となる新種の恐竜の卵化石 兵庫県の地層から発見

ざっくり言うと

  • 筑波大などの研究チームが28日までに、新種の卵の化石を発見したと発表した
  • 化石は兵庫県の前期白亜紀の地層から見つかり、恐竜の卵としては世界最小
  • 「兵庫県立人と自然の博物館」にて、6月30日から8月31日まで展示される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x