友達は本気で「うらやましい」と思っているのかもしれませんが、「それ、ずいぶん上から目線な発言だな」と感じたことはありませんか? 特に自分ひとりじゃできない恋愛は、思い通りにいかないことがたくさん。そのため友達の一言によって、より悩みが深刻化してしまうことも……。
そこで今回は「友達にされた恋愛マウント」についてご紹介します。

友達にされた恋愛マウント

1. 「いいなぁ〜彼氏がいなくて!」

「長く付き合っている彼氏がいる子から、突然『いいなぁ〜彼氏がいなくて!』と言われた。理由を聞いたら『だっていろいろな男子と遊べるじゃん!』と……。
当時私は彼氏がほしくて恋活をがんばっていたのですが、友達からしたら自由でうらやましく思えたのかも。でもそれを私に言っちゃうところが、人の気持ちを考えていないんだなって思った」(20代/営業事務)

▽ たしかに彼氏がいないメリットもありますが、恋活中の女子に言うセリフではないですよね。「彼氏がいなくてうらやましい!」と口にする女子ほど、「じゃあ彼と別れたら?」と言うとイラっとしはじめたり……。
結局のところ、友達を見下してマウントをしているだけなのでしょう。

2. 「○○ちゃんって本当モテそうだよね〜!」

「めちゃくちゃモテる友達から『○○ちゃん(私)って本当モテそうだよね〜!』と言われたこと。『年齢=彼氏いない歴』って知っているくせに! すごいバカにされた気分でした」(20代/販売)

▽ 1対1で言われるならまだしも、こういうことを合コンなどで平気で言う女子っていますよね。誰がどう見てもその子のほうがモテるのに……。「自分の好感度を上げるために、私を利用しないでよ!」と思います。こんな褒め方をされても、まったくうれしくないですよね。

3. 「結婚なんてしないほうがいいよ」

「必死に婚活している私に向かって『結婚なんてしないほうがいいよ』と言ってくる友達。でも自分は旦那と子ども2人と幸せな生活を送っている。悪気はないのかもしれないけれど、正直『自虐風自慢っぽいな』と思ってしまう」(30代/一般事務)

▽ もちろん大変なこともあるでしょうが、婚活中に「結婚しないほうがいい」なんて言われたとしても、自慢っぽく聞こえますよね。「でも○○ちゃんは結婚してるじゃん」と不満が出てきます。
隣の芝生は青く見えるからこそ、ヘタに自分を卑下するのはやめたほうがいいのかも。

4. 「私もあの人に口説かれたよ(笑)」

「学生時代、クラスの男子(Aくん)からアプローチされたんです。それで友達に相談したところ、『Aくんね。私もあの人に口説かれたよ(笑)。でもフツーに振ったし』『あの人チャラいって噂だし、付き合わないほうがいいよ』と言われたんです。
当時の私はまだ若かったこともあり、友達の言葉を信じてしまった。でも数日後、Aくんと友達が付き合っていました……」(20代/住宅)

▽ 絶対に自分が上でないとイヤだからこそ、マウントを張って友達を蹴落とすタイプも。性格が悪すぎて、さすがにビックリしますよね。友達経由ではなく、直接本人に聞くことが大切だとあらためて実感しますよね。