ゴールは生まれなかったが、両チームのGKの奮闘が光るゲームだった。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

[J2第2節]金沢×松本/0-0/6月27日/石川西部

 試合後の会見で総括を求められた金沢のFW加藤陸次樹は、次のように切り出した。

「まず、新型コロナウイルスの影響でしばらく試合ができませんでしたけど、いろんな人の尽力があって、こうして試合ができたことに感謝しています」

 この加藤の際どいシュートをビッグセーブするなど、無失点に抑えてチームに勝点1をもたらす活躍を見せた松本のGK村山智彦も、同じような主旨のコメントを発した。

「こういうリモートマッチという形ですけど、公式戦を迎えることができて、いろんな方への感謝の気持ちを、僕らはプレーで恩返ししようという思いは持っていました」

 約4か月の中断期間を経て、ようやく再開されたJリーグ。選手たちは久々の公式戦で、試合勘を取り戻すのも難しかったかもしれない。金沢対松本のこの一戦は、ともに決定力不足を露呈して0-0のスコアレスドローに終わった。ただ、両チームとも相手ゴール前で見せ場を作ったし、ひとつもゴールが生まれなかったのは、裏を返せば、金沢の白井裕人と松本の村山、ふたりの守護神がハイパフォーマンスを披露したからでもある。

「たぶん、GKがああいうプレーを見せると、ゲーム自体が締まってくると思う。そういう意味で、良いゲームができたと思います」(村山)

“得点”というサッカーの醍醐味は味わえなかったが、再び、サッカーができる喜びと感謝の気持ちを原動力に戦った選手たちのプレーは、十分に見応えのあるものだった。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】興梠慎三・宇佐美貴史ら50名が厳選した「Jリーグ歴代最強チーム」を一挙公開!