前半にドゥドゥ(10番)が2ゴールを決めるも、甲府は新潟と3−3で引き分けた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

 J2リーグのヴァンフォーレ甲府対アルビレックス新潟が6月27日、山梨中銀スタジアムで行なわれ、3−3のドローに終わった。

 序盤は最終ラインから丁寧にボールをつなぐ新潟が、ポゼッションでリズムを掴む。徐々に敵陣深いエリアまで押し込めるようになると、19分に先制点が生まれる。ペナルティエリア手前でボールを受けた渡邉新太が、ファビオとのコンビネーションから右足を一閃。低弾道のシュートがゴール左に決まった。

 リードを許した甲府は、トップ下の泉澤仁と左サイドのドゥドゥのポジションを入れ替える。すると、この采配が奏功し、33分には左サイドをドリブル突破した泉澤のクロスに、ゴール前でドゥドゥがヘディングで合わせて同点に追いついた。

 さらに直後の35分、相手のパスミスを見逃さなかったジュニオール・バホスが左サイドでルーズボールを拾い、中央に折り返す。このボールをドゥドゥが左足のダイレクトシュートで合わせ、逆転ゴールを決めた。

 逆転された新潟もすぐさま反撃。前半アディショナルタイム、最終ラインの裏に抜け出した渡邉が秋山裕紀からの浮き球のスルーパスに反応し、正確な右足シュートをゴール左に流し込んだ。
 ハーフタイムでは、甲府が山田陸に代えて山本英臣(そのままボランチに入る)を投入し、新潟が交代なし。後半の立ち上がりは一進一退の攻防が続いたが、互いに目立ったチャンスは生まれなかった。

 すると、甲府は62分にJ・バホスと泉澤を下げ、ハーフナー・マイクと太田修介をピッチに送り込む。72分にはドゥドゥに代えて金園英学を投入した。GK河田晃兵にアクシデントがあった影響もあり、80分には岡西宏祐も途中出場し、新ルールの交代枠5枠を使いきった。

 一方の新潟は、61分に高木善朗が本間至恩と、69分に堀米悠斗が早川史哉と、70分にロメロ・フランクがシルビーニョと交代した。

 新ルールの交代枠5人の使い方が分かれたなか、81分に試合が再び動く。ペナルティエリア手前で複数のDFに囲まれながらボールをキープした本間が、最終ラインの裏に浮き球のスルーパス。このボールに反応したシルビーニョが、右足シュートをゴール左に決めた。

 しかし後半アディショナルタイム、甲府が再び同点に追いつく。左サイドのタッチラインから内田健太がロングスローを送り、これを金園がフリックし、太田が胸で執念のゴールを押し込んだのだ。

 試合はそのまま3−3のドローでタイムアップ。勝点1を分け合う結果に終わるも、互いに交代カードが躍動し、再開初戦で見応えある激しい撃ち合いとなった。

構成●サッカーダイジェスト編集部