[6.27 J2第2節 東京V1-1町田 味スタ]

 新型コロナウイルスの影響で中断していたJ2リーグが27日、第2節から再開し、東京ヴェルディはFC町田ゼルビアと1-1で引き分けた。前半立ち上がりに町田がMF平戸太貴のミドルシュートで先制したが、後半アディショナルタイムに東京Vが同点。中断期間を挟んだ一戦で両チームともに初白星を得られなかった。

 東京クラシックと呼ばれるダービーマッチは2月23日の開幕節以来約4か月ぶりの公式戦。東京Vは開幕節徳島戦(●0-3)から先発6人を入れ替え、ユースから昇格1年目のMF藤田譲瑠チマ、8年ぶり復帰のDF高橋祥平らが引き続き先発に入った。町田は開幕節の甲府戦(△0-0)から2人を変更し、MFジョン・チュングンとFW安藤瑞季が新たに入った。

 味の素スタジアムは会場スピーカーから応援音声が流され、無観客ながらも東京Vのチャントが鳴り響く中での試合となった。ところが前半3分、さっそく町田がスコアを動かした。トップ下起用の平戸がペナルティエリア際の左にドリブルで持ち上がると、右に持ち出して右足を一閃。これがゴール右上隅に突き刺さり、J2再開第1号で先制に成功した。

 その後は東京Vが一方的にボールを保持し、自陣から丁寧にボールをつないで攻め込む。前半9分、中盤から最終ラインのギャップを突いたスルーパスが出されると、右サイドのMF小池純輝が裏へと突破。クロスは惜しくも通らなかったが、狙いとするサイド攻撃を見せた。さらに22分には井上が惜しいミドルシュートを放った。それでもゴールを奪えないまま前半を終えた。

 ハーフタイム明け、東京VはMF藤本寛也とFW山下諒也を一気に送り込む。すると後半5分、藤本が右サイドにスルーパスを通すと、猛スピードで相手ディフェンスを振り切った山下がグラウンダーのクロスを送り込み、交代選手コンビで絶好のチャンスをつくり出す。ところがゴール前で反応したFW端戸仁のダイレクトシュートは大きく枠を外れた。

 町田は後半27分、ジョン・チュングンとMF吉尾海夏が立て続けにシュートを放つもGK柴崎貴広のビッグセーブに阻まれるなど追加点はならず。30分には柴崎のパスをカットしたFW安藤瑞季にビッグチャンスが訪れたが、シュートを放つことができなかった。32分、東京VはDF奈良輪雄太のループシュートはGK秋元陽太に防がれた。

 後半38分、町田は疲れの見えていた吉尾を下げてFW中島裕希を投入。さらにその後、東京Vは藤田に代わってMFクレビーニョ、町田はDF深津康太に代えてDF酒井隆介をそれぞれ入れた。するとアディショナルタイム1分、山下の突破を後方から止めたMF高江麗央のファウルで東京VがPKを獲得。これを藤本が決め、互いに勝ち点1を分け合った。