(C)北条司/コアミックス1981

写真拡大 (全4枚)

大分の温泉本格焼酎「神々(じんじん)」と日本名作倶楽部がコラボした新商品、漫画『キャッツ・アイ』の各キャラクターに見立てた限定ボトルの焼酎リキュールが2020年6月26日よりMakuakeにて先行販売されている。

漫画『キャッツ・アイ』は、北条司による少年漫画で、1981年から1984年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載されており、1983年のアニメ化のほか、様々なメディアミックス展開を行っている。
物語の主人公は、ミケール・ハインツというヨーロッパの画家の作品や遺物ばかりを狙う謎めいた怪盗集団「キャッツ・アイ」。彼女達の正体は、素性を隠しながらも同名の喫茶店を営む三姉妹だった。
レオタード姿の怪盗「キャッツ・アイ」の華麗で優美なアクションや、刑事達との手に汗握るやり取りが魅力の本作は、世代を超えて今もなお多くのファンから愛されている。

今回発売する『キャッツ・アイ』ボトルのリキュールは、大分で「美人の湯」と言われる温泉水をふんだんに使って作る麦焼酎「神々(じんじん)」と、日本を代表するキャラクターたちが全国各地の「ご当地」と提携し、その地域の魅力を発信する日本名作倶楽部プロジェクトのコラボ企画として実現したもの。『キャッツ・アイ』の瞳、泪、愛の来生(きすぎ)3姉妹をイメージした、限定フレーバーの焼酎リキュールとなっている。

◆各リキュールの特長

(1)瞳
甘酸っぱくてジューシーな味わいのライチ果汁と温泉水をたっぷり使った麦焼酎から、ライチフレーバーのリキュールをボトリング。甘さも控えめで食事と合わせたり、ロックで楽しんだり炭酸割で飲んでも楽しめる。


(2)泪
九州産の梅と麦焼酎から作った梅酒をボトリング。独特の風味のある梅酒は非常に人気のある商品で、お酒好きの方から、あまり強いお酒は飲めない方まで幅広く楽しめる逸品になっている。


(3)愛
爽やかな酸味が特色の大分名産のゆずと、シリカが豊富な温泉水で作ったゆずフレーバーのリキュールをボトリング。果実感をしっかり味わえ、ゆずの香りもしっかり楽しめる逸品になっている。

(C)北条司/コアミックス1981