ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 上半期の総決算となるGI宝塚記念(阪神・芝2200m)が6月28日に行なわれる。

 この春は、競馬界にとっても大きな試練となりました。今年最初のGIフェブラリーSこそ、大勢の観衆の前でレースを行なうことができましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、その翌週から無観客での開催となり、結局、この宝塚記念の週まで、競馬場に観客の方々が戻ってくることは叶いませんでした。

 しかしながら、ほかのスポーツやイベントが中止、延期に追い込まれるなか、大事なGIレースを含めて、春競馬は中止になることなく、スケジュールどおりに開催されてきました。そして、その締めくくりとなる宝塚記念も、無観客とはいえ、無事に行なわれることをうれしく思います。

 今年の春は、クラシックで2頭の無敗の二冠馬が誕生するなど、多くの競馬ファンや関係者が感動し、そうした方々に勇気を与えるようなレースがたくさんありました。その意味では、春競馬の集大成となる宝塚記念も、競馬場に来られないファンのみなさんを元気づけるような”名勝負”が繰り広げられることを期待したいと思います。

 さて、今年は久しぶりにフルゲート18頭立てでレースが行なわれることになりました。ここ最近は、この時期の暑さや馬場状態の悪さを嫌って、一流馬の参戦が減少。少頭数で開催される年が何度となくありました。しかし今年は、出走頭数だけでなく、8頭ものGI馬が顔をそろえて、レベルの高いメンバー構成になったと言えます。

 まず目につくのは、GI大阪杯(4月5日/阪神・芝2000m)でワンツーを決めた牝馬2頭、1着ラッキーライラック(牝5歳)と2着クロノジェネシス(牝4歳)です。ともに、そのまま宝塚記念へと駒を進め、再びワンツーフィニッシュとなれば、前例のない快挙と言えますね。

 ラッキーライラックは、3歳牝馬クラシックのGI桜花賞(阪神・芝1600m)でアーモンドアイに完敗して以降、しばらく脇役に甘んじていました。ところが、昨年のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)で復活のGI制覇を遂げると、その後のレースはすべて連対をキープ。大阪杯では、ついに牡馬混合のGIタイトルを手にしました。

 デビュー時から主戦を務めてきた石橋脩騎手が悪いわけではありませんが、この馬はクリストフ・スミヨン騎手に乗り替わって、”勝てる馬”に生まれ変わった印象があります。

 以前は、ソツなく立ち回れて、大崩れしない一方で、後続のいい目標にされたり、決め手比べで見劣ったりと、いかにも善戦止まりというタイプでした。それが、スミヨン騎手が騎乗してから、勝負どころまでしっかりと脚をタメて、直線でその脚を爆発させる乗り方をするようになって、新たな姿を見せることができました。

 今春の2戦はミルコ・デムーロ騎手が手綱を取っていますが、変わらずに直線の脚比べで勝負できていますし、今回も距離やコースといった条件も合っています。大阪杯からの連勝を期待できるのではないでしょうか。

 片や、クロノジェネシスは、昨秋のエリザベス女王杯と前走の大阪杯でラッキーライラックに先着を許しています。それでも、ラッキーライラックがいなかったGI秋華賞(京都・芝2000m)とGII京都記念(2月16日/京都・芝2200m)では、2馬身差、2馬身半差でいずれも快勝しています。

 秋華賞はやや重、京都記念は重馬場だったので、時計がかかる馬場のほうが向いているのでしょう。そうなると、阪神開催最終週の荒れ馬場も苦にしないと思いますし、梅雨の今、当日に雨が降ってさらに馬場が悪くなれば、3度目の対戦でラッキーライラックを逆転する可能性も出てくるかもしれません。

 牡馬では、昨春のGI皐月賞(中山・芝2000m)以来となるGI戴冠を狙うサートゥルナーリア(牡4歳)が最有力と考えていいのではないでしょうか。というのも、前走のGII金鯱賞(3月15日/中京・芝2000m)を圧勝。勝って当然の相手関係だったとはいえ、4歳となった初戦で、しっかりとした成長を見せましたし、満足のいく勝ちっぷりだったと思うからです。

 過去に崩れたGI日本ダービー(4着。東京・芝2400m)とGI天皇賞・秋(6着。東京・芝2000m)は、どちらも前走からの間隔が詰まっており、なおかつ、レース前に急にイレ込んでしまったことが、敗因と言われています。前走、中京競馬場が舞台の金鯱賞を完勝し、不安視されていた左回りは難なくこなしましたからね。

 とすれば、今回は春2戦目と、今どきの一流馬らしい余裕のあるローテーション。阪神競馬場では、昨秋のGII神戸新聞杯(芝2400m)を楽勝した実績もありますし、これまでの内容から、小回りや荒れ馬場もマイナスになることはなく、大いにチャンスがあります。

 昨年の下半期は、アーモンドアイ、リスグラシューといった牝馬2頭に屈してGI勝利はなりませんでした。今回もまた、強力な牝馬2頭がライバルとなりますが、それらの壁を打ち破ることができるのか、注目です。

 宝塚記念は波乱のイメージが強いGIですが、こうしてみると、今年の上位人気3頭はどれも信頼できそうな存在。久々に平穏な決着で終わるかもしれません。

 ただ、もし一角崩しがあるなら、関東馬のグローリーヴェイズ(牡5歳)に期待しています。同馬を今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。


「3強」の一角崩しが期待できるグローリーヴェイズ

 前走の海外GI香港ヴァーズ(12月8日/香港・芝2400m)では、2着ラッキーライラックに3馬身差をつけての圧勝劇を演じました。これが、GI初勝利でしたが、昨春のGI天皇賞・春(京都・芝3200m)では、フィエールマンとマッチレースを展開して僅差の2着。後続を6馬身も突き放しており、能力の高さを見せていました。

 今回は、ダミアン・レーン騎手が初騎乗。昨年の覇者リスグラシューも、宝塚記念で初めてレーン騎手とコンビを組んで完勝し、そこからGI3連勝。年度代表馬に輝く快挙を成し遂げました。

 グローリーヴェイズも、出走を予定していたドバイシーマクラシックが中止になっての仕切り直し。コロナ禍の影響を受けた1頭ですが、条件の合う宝塚記念まで待って、レーン騎手を確保したあたりに、本気度を感じます。 あまりレースを使っておらず、国内GIは菊花賞(京都・芝3000m)と天皇賞・春しか出走していないこともあってか、GI馬ながらファン投票では20位という地味な位置でした。しかし、ラッキーライラックに圧勝した実力を、再びここで見せつけることができれば、国内での栄冠獲得も十分にあり得ます。馬券的にも、魅力のある存在ではないでしょうか。