仕事人の同心・渡辺小五郎(東山紀之)が勤める本町奉行所の新しい奉行に、名裁きで名高い湯川伊周(市村正親)が、腹心の与力・田上誠蔵(杉本哲太)を伴って就任してきた。近ごろ、江戸では子を装って親から金を奪う「親だまし」の詐欺が横行しており、湯川は取り締まりに本腰を入れるよう同心たちにハッパをかける。

奉行所の与力親子までが犠牲に

小五郎はある日、盗みを働いて折檻されている少女・つゆ(古川凛)を助け、家に連れ帰った。つゆは親戚に預けられて厄介者扱いされているという。哀れに思った小五郎の妻・ふく(中越典子)とふくの叔母の綾小路てん(キムラ緑子)は、つゆを家に置いて面倒を見ると言いだし、実の子のようにかわいがる。だが、つゆが親戚に預けられたのには、ある事情があった。

そのころ、仕事人で経師屋・涼次(松岡昌宏)は、博打で儲けた金で酒を飲もうと入った水茶屋で、たけ(森川葵)という気立てのいい女と出会う。今は別れて暮らす娘と2人で居酒屋をやるのが夢だという。たけはつゆの母親だった。そのたけを目あてにやってくるのが常連の五十嵐鉄三郎(大東駿介)で、何をやっているのかはっきりしないが妙に羽振りがいい。

奉行になった湯川は次々と賭場の手入れし、親だまし詐欺の首謀者と目されるヤクザ者も自害した姿で見つかったが、その後も親だまし詐欺は減る気配がない。涼次が賭場で仕入れた情報によれば、最近は「グレ者」と呼ばれる悪党どもが幅を利かせていて、鉄三郎こそがグレ者一味の頭目だった。一味は金のためなら手段を選ばない冷酷さで、次々と老人たちを陥れていく。

だが、グレ者一味は単なる実働部隊に過ぎず、その背後で黒幕による恐るべき陰謀が進行していた。奉行所の与力親子も犠牲になった。仕事人たちが恨みを晴らす。(よる9時放送)                   寒山