「神保町の顔」黒いカツカレー ビルの老朽化で60年の歴史に幕

ざっくり言うと

  • 東京・千代田区神保町の老舗洋食店が26日、60年の歴史に幕を下ろす
  • 節目を迎えたことやビルの老朽化もあって閉店を決意したとのこと
  • 名物の黒いルーが特徴のカツカレーは「神保町の顔」とも呼ばれてきた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x