自転車事故に遭わない、起こさないためのルール(写真/アフロ)

写真拡大

 2008年6月の改正道交法の施行から早12年。自転車は軽車両である、という意識はどこまで浸透しているのか、疑問を感じることもしばしばだ。そこで、毎日の自転車による通勤・通学・送り迎えなどで陥りがちな違反や、「こういう場合ってどうなの?」と、迷いがちな疑問を厳選。Q&A方式で紹介する。

Q. 久しぶりに乗る自転車は、どこをどう点検したらいい?
A. 最も重要なのがブレーキの効き。キーキーと音がしたり、効きが悪くなったら即、自転車店へGO!

 新型コロナウイルス感染拡大防止には3密回避が重要だが、通勤電車の混雑ぶりに自転車通勤を検討中の人も多い。自転車活用推進研究会理事長の小林成基さんはこう話す。

「長い間乗っていなかった自転車は、事前の整備が不可欠です。整備不良には、前照灯や後部反射器の不備や故障もありますが、なかでも重要なのがブレーキの効きです」

 ブレーキは、時速10km走行時に制動し、3m以内で停止できる性能が必要。自分で修理できないなら、自転車店に頼もう。

Q. 自転車に乗る際、ヘルメットは必ずかぶらなくちゃダメ?
A. 13才未満の子供は自転車用ヘルメットの着用は必須!  頭部を守れば生存率も高くなる。

全日本交通安全協会・参与の長嶋良さんが警告する。

「自転車乗車中に亡くなった人の死因の6割は、頭部の致命的な損傷による。ヘルメットを着用する人に比べ、着用しない人の致死率は約2.4倍も高いのです」

 道交法第63条の11では、13才未満の子供が自転車に乗る際は、ヘルメットの着用努力義務があると定められており、これは、大人が運転する自転車に、子供を乗せる場合にも適用される。義務はなくとも死なないために、大人もヘルメットをかぶるべきだ。

Q. 自転車は歩道を走っちゃだめ? すれ違う際はどっちから?
A. 原則は車道の左側を走行する。歩道は緊急避難的に“通らせていただく”場所で、すれ違う際は左側通行を。

 世界広しといえども、自転車が歩道を通行できるのは実は日本だけ。

「これは45年前に交通事故死が増え、緊急避難的に自転車の歩道通行を認めたためですが、歩道を通ることで歩行者との接触や自転車同士の事故の遠因に。その後、2015年に車道を走るルールが厳格化されましたが、いまも歩道を通る自転車は多いままですね」(小林さん)。

 ただし例外的に、以下の3つの場合に限り歩道の通行が認められている。【1】歩道に自転車通行可の道路標識がある場合、【2】運転者が13才未満もしくは70才以上・身体に障害を負っている場合、【3】安全のためやむを得ない場合。

 また、歩道で人や自転車とすれ違う場合は、相手を右に見ながら、左側通行を心がけよう。

◆車道の左側通行が大原則

 自転車は車道左側を走るのが原則。最近は、自転車ナビマークも増えている。白線一本の路側帯はあくまで歩行者優先で、左側通行なら自転車も徐行可だが、白線2本の路側帯は、通行禁止だ。

◆歩道で自転車とすれ違うとき

 歩道を通るときは、人も自転車も相手を右に見てすれ違うのがルール。追い越す場合も、同様に左側通行を。

◆歩道を通る際は車道寄りを

 例外規定にある「安全のためやむを得ない」という理由で歩道を通る場合は、車道寄りを徐行し、すれ違い・追い越しとも左側通行が基本。

※女性セブン2020年7月9日号