広島との開幕戦の寸評は「スキルフルで、小気味のいいプレーで、攻撃を活性化」。再開後のさらなる活躍に期待がかかる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 先日のFC町田ゼルビアとのトレーニングマッチでのワンシーン。自陣から縦パスを入れようとしたボランチが、相手に寄せられてやり直す。再び、キープしたボランチが前を向いて、今度は正確なパスを入れる。これを受けた荒木遼太郎は前を向くと、勢いを持ってドリブルを仕掛けて、惜しいシーンを演出した。

 相手のギャップを上手く突いたポジショニングで味方からのパスを引き出し、攻撃を加速させる。こうしたシーンが増えれば、チームとしてのゴールの可能性もより高まるはず。6月25日の練習後、オンライン取材を受けた高卒ルーキーの荒木は、「相手の間でボールを受けるのは、自分がけっこう得意としているプレーのひとつ」と自信をのぞかせた。

 今後は、その得意とするプレーをいかに決定的なシーンにつなげられるか。味方がキープしている時、フリーになるポジショニングは随所に見られる。焦点は、そこでパスが入った時に、どれだけ効果的な崩しを見せられるか。

「上手く顔を出して、ボールを受けて、そこからゴールへ結びつける仕掛けが、まだ自分としてはあんまりできていないと思うので。再開までに、短い間ですけど、練習試合とかでやっていければいいかなと思っています」

 名古屋とのルヴァンカップ初戦、広島とのリーグ開幕戦はいずれも途中出場でピッチに立ち、いくつかの好プレーを披露した。ポテンシャルはすでに証明済み。再開後は、「ゴールを決めて、結果を出していきたい」とさらなる活躍を期す。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】前人未到の20冠!鹿島アントラーズが獲得した全タイトルを秘蔵写真で振り返り!