レジ袋有料化が7月からスタートする。司会の羽鳥慎一は「うちの近所では、もう有料化してます。小さいのが3円、大きいのは5円というので、小さいのをお願いしたら、お弁当を入れるようなレジ袋だった」と不満そうだ。

プレゼンターの野上慎平アナが「レジ袋をゴミ袋に代用している方は多いんで。す」。アシスタントの斉藤ちはるアナは「私もゴミ袋にしています」

ハンガー通す側を縛れば大きな袋に

野上アナは、レジ袋の有料化でゴミ袋がなくなるという人に、代用品のアイデアを紹介した。食パンの空き袋は「もともと四角いものを入れているので、自立します。デスク用や台所の生ごみを入れるのにいい」。クリーニング店の服のビニールカバーは「ハンガーを通す穴の手前でひと結びすれば、ゴミや水分が漏れることはない」という。

高木美保(タレント)「クリーニングの袋はすでに使ってます。大きいからたくさん入って便利ですよ」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「レジ袋はゴミ袋として使っていましたが、結局は、指定のゴミ袋に入れる際の小分け用の袋になっています。レジ袋を有料化しただけなら、僕はお金払ってレジ袋を使うと思う」