適量であれば休肝日なしでも毎日酒を飲んでいい…だが飲酒後のサウナ、ウコンの暴飲etc.は命を落とす危険性アリ!!

「百薬の長」と呼ばれる酒も、飲みすぎると“毒”になってしまう。長時間大量に飲み続けると、高血圧や脳内出血のリスクが高まり、アルコールを分解する肝臓に負担がかかる。

 アルコールを分解している最中は、脂肪の燃焼が阻害されるので、肝臓に中性脂肪が蓄積しやすくなる。その結果、肝臓障害になって、アルコール性肝炎やアルコール性肝硬変といった重い病気を引き起こしてしまう。また、すい臓の機能にも影響を及ぼし、すい臓がんの発症リスクも高まる。

 このように、酒の飲みすぎは全身の様々な臓器に障害を引き起こす可能性がある。しかし、適量であれば長生きにつながることが、国内外の疫学研究で明らかになっている。酒をまったく飲まない人よりも、1日7〜40gのアルコールを摂取している人のほうが、死亡率が低いという研究結果も出ている。

 適量の飲酒には様々な健康作用があり、死亡率の低下にもつながっている。血流を促進するとともに善玉コレステロールを増やし、動脈硬化から引き起こされる循環器疾患予防効果も期待できる。また、適量の飲酒は血糖値の上昇を抑える効果もあるので、糖尿病の予防にもつながる。

 そもそも「酒太り」の原因は、酒そのものではなく一緒に食べるつまみにある。そのため、適量に抑えておけば、休肝日なしで毎日飲み続けていいのだ。ちなみに、1日の適量の目安(純アルコール40gの場合)は、ワインがグラス3杯(約360ml)、ビールが中びん2本(中ジョッキ2杯)、ウイスキーがダブル2杯である。また、いくら「百薬の長」だからといって、元々飲まない(飲めない)人が無理に飲む必要はない。

★見直される日本酒の常識

 自らも酒が好きだと言う秋津医院院長の秋津壽男先生は、「薬になる酒」の条件についてこう語る。

「悪酔いや二日酔いしない程度にとどめることが、酒の効用を得る一番のコツです。そして、酒を酌み交わしながら会話を楽しむのも、体にいい酒の飲み方の1つです」

 酒の健康効果は種類によってそれぞれ異なり、例えば、ポリフェノールを豊富に含む赤ワインには、増えすぎた活性酸素を除去する抗酸化作用がある。また、本格焼酎には血栓を溶かしたり、善玉コレステロールを増やす効果がある。

 一方で、日本酒は「悪酔いしやすい」「カロリーが高いので糖尿病になりやすい」とされ、敬遠されがちだった。しかし、これらはいずれも間違った定説であり、現在は世界でも消費量が増えている。

「昔の日本酒には、酒以外の成分も含まれており、正直いって悪酔いしたり、次の日も残る質の悪いものばかりでした。しかし、今は酒用の米もたくさん作られ、醸造技術も向上しているので、そういった酒は皆無に等しいです。また、日本酒は米でできているので糖質はありますが、1日1〜1合半であれば、たとえ毎日飲んだとしても、特に問題はありません」(秋津先生)

★飲酒後のサウナは危険

 ここまで見ると、酒はいいことづくめのように思えるが、今も間違った「酒の常識」がまかり通っており、酒との向き合い方を誤ると、命を落とす危険性すらある。

「酒を飲んだ後、アルコールを抜くためにサウナで汗をかく人がいますが、これは非常に危険です。なぜなら、サウナで抜けるのは水分だけで、アルコールは抜けないからです。アルコールには脱水作用や利尿作用があるので、体内に入ると水分が抜けて血が濃くなり、血管が詰まりやすい状態になります。そんな状態でサウナに入ったら脱水状態がさらに進み、脳梗塞や心筋梗塞になる危険性が高まります」(秋津先生)