北海道エリアに初出店!

写真拡大

 シネコン大手のTOHOシネマズが、北海道札幌市中央区で東急不動産、竹中工務店、イトーヨーカ堂、アインファーマシーズ、キタデンが共同着手する「札幌すすきの駅前複合開発計画(仮称)」で計画されている複合施設内に、北海道内初の直営劇場を出店することがわかった。

 同計画地は、すすきののランドマークとして長きに渡り営業し、2020年5月17日に営業を終了した「ススキノラフィラ」の所在地にあたる。繁華街・すすきのの玄関口である「すすきの交差点」に面しており、観光スポットや商業施設が多い“大通りエリア”からも近いことから、昼夜問わず、国内外の観光客を含む多くの人々で賑わってる。

 非日常的な空間を意識した施設設計、最新設備の導入はもちろん、多様なニーズに応えるべく上映作品に関しても人気のハリウッド大作や邦画をはじめ、日本のアニメ作品、単館系といわれるアート作品などバラエティに富んだラインナップを上映。さらに、コンサートや演劇、スポーツのライブビューイング(生中継)などの“非映画コンテンツ”の上映にも積極的に取り組む予定となっている。