安倍内閣が8月にスタートしようと準備している「Go Toトラベルキャンペーン」では、旅行代金を支援するという。司会の国山ハセンが例をあげて説明した。旅行会社や予約サイトから1泊2万円の宿をとると、半額1万円が補助され、70%は旅行代金から引かれ、30%は旅先で使えるクーポンが出る。上限は宿泊は1人1泊2万円、日帰りは1万円までだ。

キャスターの立川志らく「お得感はあるなあ」

小林麻耶(TBS元アナウンサー)「温泉宿に行きたいな」

厚切りジェイソン(ITベンチャー企業取締役)「これで安くなるなら行きたいです」

中島健太(画家)「旅行需要は、インバウンドより国内旅行の方が大きいんですよね。8月にスタートするなら、積極的に協力するべきかとは思いますが、(この補助制度は)仕事でも使う人がいるかもしれず、線引きが必要ですよ」

「グッとラック!」は肝心なことを忘れちゃいないか。これ、全部われわれが払っている税金だぜ。