FC琉球に「風間兄弟」あり!風間宏希と風間宏矢が今、沖縄で感じていること

写真拡大

6月27日から再開される明治安田生命Jリーグ。

試合のスケジュールがついに発表され、J2のFC琉球は28日にアビスパ福岡と対戦することが決まった。

今シーズンJ2での2年目を迎えているFC琉球。2019年の夏からは「風間兄弟」が一緒にプレーしていることでも知られる。

兄・風間宏希(左)と弟・風間宏矢(右)。2歳違いの2人は、元日本代表の風間八宏氏を父に持つことで有名な兄弟Jリーガーだ。

プロとして同じチームでプレーするのは、川崎フロンターレに所属していた2012〜2013年以来。

リーグ再開を前に、兄弟でのプレーすることの印象や以前一緒だった川崎フロンターレ時代との違い、今シーズンのFC琉球などについて聞いたインタビューをお届けする。

(取材日:2020年2月28日)

沖縄での“再会”

――ジェフユナイテッド千葉との開幕戦(※アウェイで0-1敗戦)はともに出場していました。今シーズン最初の試合はどんな印象でしたか?

風間宏希(以下、宏希):昨シーズンからチーム的にはすごくよかったですし、開幕してほしいと感じていました。ある程度のやりたいことはできましたけど、勝ちきれなかったのは悔しいです。

ただ、この方向性でクオリティを上げていけば、もっといいチームになるんじゃないかという期待の持てる開幕戦だったと思います。

風間宏矢(以下、宏矢):まったく同じです。

一同:(笑)

宏希:お前「まったく同じ」多いな(笑)。

――昨シーズンからですけど、久々に同じチームでプレーするようになって、どうですか?

宏矢:楽しいですね。プロの舞台で兄弟一緒にプレーできる人はなかなかいませんし、純粋に楽しいです。あと、光栄に思います。

宏希:まったく同じです。

一同:(笑)

――昨年、宏希選手がシーズン前にFC琉球へ加入し、宏矢選手は8月にFC岐阜から期限付きで移籍してきました(※シーズン終了後に完全移籍)。相談とかはしたんですか?

宏矢:もちろんしました。オファーが来るかもという時点から相談していて、最初は少し迷いがあったんですけど話を聞いたのと、あと(宏希選手と)一緒にプレーできるのはやはり楽しいですから。決めるとなった時は即決でした。

――それを聞いたとき、宏希選手どう思いました?

宏希:僕はただチームの状況や環境を伝えただけです。弟の人生なので、僕がこうしてほしいというのはないですし、「来るんだ」という感じでした。

――兄弟で一緒にプレーすることに対する“躊躇”みたいなものはまったくないんですか?

宏矢:まったくないですね。

宏希:正直、敵としてもそうですけど、サッカーのピッチに立てば兄弟は関係ないです。

宏矢:そこに対して何かを考えることがまずないですね。お互いがサッカー選手になっていますし、ずっと同じことをやってきているので。

宏希:そこは何も変わらずにいますね。

宏矢:これがもし、仲が悪かったりすれば絶対に考えますし、たぶん来てないと思います。

――なるほど。沖縄は実際に住んでみてどうでしょう?

宏希:最初、沖縄に来るときは不安が多少ありました。でも、今はシーズンオフに実家に帰ったときも「早く沖縄に帰りたい」と思うくらい好きです。向こうにはない空気とか、ここに住めていることが幸せだなと感じます。

宏矢:この仕事をしていなかったら間違いなく住むことはなかったと思います。この仕事をしているからこそ来ることができたというのがすごく嬉しいですし、その意味でも楽しみたい気持ちは強いです。

ちょうど昨年夏に移籍したときは、一番沖縄を感じる時期でした。何をするにも「沖縄だー」という感じですごく楽しくて、その気持ちがずっと続いています。

川崎フロンターレ時代との違い

――プロで一緒にプレーするのは2012〜2013年の川崎フロンターレ以来です。あのときも一緒にプレーすることに戸惑いなどはなかったですか?

宏希:まだ若かったですし、自分自身の中での余裕というか、サッカー選手としての考え方もまだ固まっていませんでした。弟とプレーすることに関しても特に何も考えてはいなかったです。

ただ、現在は考え方も落ち着いてきて、様々なことをわかるようになってきたので、今のほうが純粋に楽しめている感じはあります。

宏矢:当時は経験もまったくなかったですし、試合も全然出ていませんでした。だからある意味、あのとき自分がプロだったかと言われればプロではなかったかもしれません。

試合経験を積み重ねることでプロがどういうものかを理解し、サッカーがより楽しめるようになってきました。やはり、楽しまないと何もならないなと。そういった考え方が今は定まっているので、当時に比べて楽しむ余裕があるかなと思います。

――父である風間八宏氏からの教えなども含め、プロ選手としてのベースはどこにあると感じています?

宏希:プロになってからも感じることや気づくことが毎年あります。「あ、これってこうなんだ」と、新たな発見があることは常に感じていて、その積み重ねですかね。昔のままの考えだけではおそらく今プロを続けていられたかわかりません。

宏矢:僕も、「こういう局面があるんだ」「あ、こういうときはこうなんだ」といったことが毎試合あって、オフシーズンに一年を振り返ったときも様々な気づきがあります。Jリーグ自体のレベルも間違いなくて上がっていて、4、5年前の自分がやっていたことだけでは今はもうダメです。

自分自身が試合の中で経験しながら積み重ねてきたこと。親がどうこうではなく、そこが一番の強みですね。

※2019シーズンの両選手のプレー。それぞれがJリーグで経験を積み、選手として成長してきた。

――今シーズン自身がどう成長をして、最後に何を掴みたいかをそれぞれ教えてください。

宏希:昨年FC琉球に来て、琉球のサッカーにも馴染み、今はある程度こういうプレーができるという部分ができました。今シーズンはそれを結果につなげたいです。このチームは、上位に行くチャンスが間違いなくあるポテンシャルのあるチームだと思うので、今年は逃したくないという思いがあります。

個人としても昨年反省点がたくさんあったので、「出しきった」と感じることができる試合を今年はやり続けられたらと思います。

宏矢:本当にこのチームはポテンシャルがありますし、リアクションではなく自分たち次第で勝敗が決まってくるチームだと思います。開幕戦は勝てなかったですけど、間違いなく勝つチャンスのある試合でしたし、これからやるチーム、どことやっても勝てるサッカーをできるチームです。

昨年も自分が来たばかりのときはすごく楽しかったですけど、今年はより一層その強みを出せるチームなので、開幕戦という気持ちでまた準備したいと思います。

風間 宏希
1991年6月19日生まれ(29歳)
FC琉球所属

風間 宏矢
1993年4月16日生まれ(27歳)
FC琉球所属

最近はSNSでの絡みも増えている風間宏希と宏矢(と八宏氏)。今回のインタビューでは、その言葉の端々から彼らのフットボーラーとしての成熟と、同じチームでプレーすることを純粋に楽しんでいることが感じられた。

【関連記事】シーサーにミンサー柄!FC琉球、「力作揃い」の歴代ユニフォームを調べてみた

いよいよ27日に再開される明治安田生命Jリーグ。近隣同士の対戦が多くいきなり注目カードが目白押しだが、2年目の樋口靖洋監督が率いるFC琉球の攻撃サッカー、そしてプロ選手としてキャリアを積んだ風間兄弟のプレーにもぜひ注目してほしい。

2020シーズンのJ2第2節、FC琉球vsアビスパ福岡の試合は6月28日(日)18:30から行われる。

Jリーグ見るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら