流通経済大MF伊藤敦樹(左)が来季浦和へ

写真拡大

 浦和レッズは25日、2021年シーズンの新加入選手として、流通経済大に所属するMF伊藤敦樹(21)の加入が内定したことを発表した。また、6月24日付で『2020年JFA・Jリーグ特別指定選手』として認定されたことも併せて報告している。

 伊藤は埼玉県さいたま市出身で、流通経済大に進学する前は浦和ジュニアユース、浦和ユースでプレーしていた。クラブは同選手の特長を「状況判断が良く、常に安定したプレーができる選手。また、正確なロングフィードなど、高い基本技術を持っている」と説明している。

 加入内定にあたって伊藤はクラブ公式サイトを通じ、「小さい頃から憧れであった浦和レッズでプロ生活をスタートできることを大変うれしく思います。今までお世話になった全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、浦和レッズの誇りを持ち、勝利に貢献できるように精いっぱいがんばって行きます。応援をよろしくお願いします」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF伊藤敦樹

(いとう・あつき)

■生年月日

1998年8月11日(21歳)

■出身地

埼玉県さいたま市

■身長/体重

182cm/78kg

■経歴

浦和Jrユース-浦和ユース-流通経済大