6月28日に阪神競馬場で、”春のグランプリ”と称される3歳以上によるG喫塚記念(芝2200m)が行なわれる。

 今年は新型コロナウイルスの影響で海外遠征する馬が少ないこともあり、G鞠錬呼という豪華メンバーが揃った。

 昨年のG技月賞(中山/芝2000m)、2018年のG汽曄璽廛侫襭咫蔽羯魁深2000m)の勝ち馬サートゥルナーリアが人気を集めそうだが、筆者が気になるのはそれに次ぐ人気になりそうなラッキーライラック(牝5歳/栗東・松永幹夫厩舎)だ。


前走の大阪杯を制したラッキーライラック

 同馬は2017年の最優秀2歳牝馬で、3歳時は「牝馬3冠候補」とも見られていた。だが、同期のアーモンドアイの台頭もあって、桜花賞2着、オークス3着、秋華賞9着と無冠で終了した。

 その後も勝ち星から見放されていたが、昨秋のG汽┘螢競戰構王杯(京都/芝2200m)で約1年8カ月ぶり、G汽譟璽垢任鰐鵤映11カ月ぶりの勝利を挙げて復活した。それ以降はG宜畊船凜 璽此兵2400m)と、今年初戦のG驚羯概念(中山/芝1800m)で2着。前走のG蟻膾綰奸丙綽澄深2000m)でG毅馨〔椶鮠っている。

 昨秋からこの春までの臨戦過程は、昨年の宝塚記念勝ち馬リスグラシューとそっくり。リスグラシューは4歳秋にエリザベス女王杯を勝利後、香港ヴァーズ2着、G橋碣肋沺蔽羌/芝2000m)2着だった。

 金鯱賞の後に出走した香港のG汽イーンエリザベス2世C(芝2000m)で3着だったが、大阪杯と同じ牡馬混合の芝2000mのGIレースで好走したという点は共通している。リスグラシューは昨年の宝塚記念を3馬身差で圧勝し、秋には豪州のG汽灰奪スプレート(芝2040m)、そしてG詰馬記念(中山/芝2500m)では5馬身差の圧勝で、年度代表馬まで上り詰めた。

 エリザベス女王杯とは、距離が同じということもあってこのレースの関連性が深い。2016年の勝ち馬マリアライト、2005年の勝ち馬スイープトウショウも両レースを勝っている。

 過去の3頭はそれまでに牡馬混合のGI勝ちがなかったが、ラッキーライラックはすでに大阪杯で勝利。しかも同じ阪神コースで、距離も200mしか変わらないという近い条件で結果を残しているうえ、阪神コースは5戦3勝、2着1回の得意コースだ。信頼性は高いと言える。

 ラッキーライラックは血統もこのレース向きだ。父オルフェーヴルは2012年の勝ち馬で、その父ステイゴールドの産駒ではオルフェーヴルのほかに、2009年ドリームジャーニー、2010年ナカヤマフェスタ、2013、14年ゴールドシップと、このレースを5勝。オルフェーヴルの母の父メジロマックイーンも1993年の勝ち馬だ。競走実績、過去の傾向、そして血統と、強調材料が多いため本命に推したい。

 一方、穴で面白いのはダンビュライト(セン6歳/栗東・音無秀孝厩舎)だろう。宝塚記念と同じ2200mでは、2018年アメリカJCC(中山)、2019年の京都記念(京都)と重賞2勝を挙げている。

 血統的には、前述のいとこマリアライトが2016年の宝塚記念で勝利。同じくいとこのクリソベリルは、ダート界のトップホースとして活躍中と活気ある牝系で、父ルーラーシップは2012年のこのレースでオルフェーヴルに次ぐ2着だった。ダンビュライトは2年前のこのレースで5着に敗れているが、レース経験を重ね、去勢後2戦目ということもあるため変わり身に期待したい。 以上、今年の宝塚記念はラッキーライラック、ダンビュライトの2頭を狙ってみたい。