北九州が全員の陰性を報告

写真拡大

 ギラヴァンツ北九州が24日にクラブ公式ツイッター(@Giravanz_staff)を更新し、PCR検査で選手・チームスタッフ・チームに関わるクラブスタッフ全員の陰性が確認されたことを報告している。

 北九州をめぐっては23日、Jリーグが実施したPCR検査で1名に再検査の必要があることが分かり、同日のトレーニングを急きょ中止したという報道があった。

 そうした中でJリーグが24日、今月18日から21日にかけて選手・チームスタッフに実施していた初回の新型コロナウイルス統一検査の結果を公表。検査総数3070件のうち陰性数は3058件で、陽性数は0件だったが、継続検査数(検体不足を含む、判定結果が確定していない検査数)は12件と発表した。

 クラブはこれを受け、「昨日、一部報道により皆さんへご心配をおかけいたしましたが、本日のPCR検査結果報告により選手・チームスタッフ・チームに関わるクラブスタッフ全員の陰性が確認されました。27日のリーグ再開日へ向けて、しっかりと準備をして参ります」とツイート。北九州は27日、再開初戦となるJ2第2節で長崎とアウェーで対戦する。