千原ジュニアが、6月21日放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)で、ドライブ中、自転車に当て逃げされたエピソードを明かした。

 赤信号で停車していたところ、車道と歩道の間には十分なスペースがあったが、自転車に乗った60代ぐらいの男性に「ドアミラーにガーンって」ぶつけられたという。

 破損はなかったが、男性は謝ることなく「当たってませんよ、みたいな感じで行って。そのまま、車は入れないけどチャリンコと歩行者が入れる皇居の方に入っていった」という。その後、再びその男性がジュニアの車の近くを通ったが、「逃げるように帰っていきはった」と明かした。

 ジュニアは「『すいません』ぐらいの一言があれば済むのに。なんでその一言が出えへんねん。なんか切ないな」とコメントした。

 その男性について「あそこでサイクリングできるということは、そこそこのお住まいで、そこそこ地位がある人なんかもな。大人になっていくと、地位とかがついて、素直に『ごめんなさい』が言えないようなことになってしまうんかな」とつぶやいていた。

 ジュニアは、家族でドライブ中、交通整理の誘導がうまくいかず、向こうからやってきた原チャリ(原動機付自転車)と「ギリッギリ」接触寸前だったこともあるという。フィアットの小型車だったので助かったが、「小さい車じゃなかったらアウトやった」と振り返っていた。

 誰もが経験するドライブ中のヒヤリ・ハット。十分に注意しておきたい。