ようやく春に放送予定だった連ドラがぽつぽつとスタートし始めた。なかでも注目のひとつだったのが、13年ぶりに復活した篠原涼子主演「ハケンの品格」だ。篠原演じる大前春子が活躍する痛快お仕事ドラマで、「膨大な資格とスキルを武器に腕一本で生き抜く、時給のお高い一匹狼」である。

『契約延長はしない。担当セクション以外の仕事はしない、休日出勤、残業はしない』が契約条件のスーパーハケンだ。

「とっくり!」「くるくるパーマ」大泉洋との罵り合いも再燃

今回の舞台も、前回と同じ食品会社「S&F」。かつてともに働き、彼女のおかげで出世して、現在は営業企画課・課長になった里中賢介(小泉孝太郎)が、そんな彼女を招くところから始まる。業績が右肩下がりになり、社員たちの覇気も下がり気味の「S&F」をなんとかしようというわけなのだが、彼女に頼りっぱなし。

前回の名物"、大泉洋の東海林武と大前春子の対立が面白かったのだが、今回は大泉は旭川支社にいるという設定で、初回は華を添えるかたちで出演していた。「とっくり!」「くるくるパーマ」という罵り合いが再現されていたのは懐かしかった。

世の中のモヤモヤがスッキリすること間違いなし

初回の放送では、春子の活躍で難航していたロシアとの商談が見事にまとまったのと、派遣社員の女性が人事主任からしつこく誘われるというセクハラ話をうまく絡めて、最後は大団円。スカッとする視聴後感は13年経っても変わらず。

脚本はあの「ドクターX」と同じ中園ミホ。時折、大前春子が大門未知子にみえるが、そんなことは気にせず、一匹オオカミの強い女性が、あたりまえとされることをひっくり返すのは痛快。いろんなモヤモヤがスッキリすること間違いなし。(水曜よる10時〜)

大熊猫