Nvidiaとメルセデス、次世代車向け車載コンピューター開発で提携

Nvidiaとメルセデス・ベンツが、2024年以降に発売される次世代自動車全車種に搭載するコンピューティングシステムの開発で協力すると発表しました。Nvidiaは、これまでに自動車向けに開発された「最も高度なコンピューティングアーキテクチャー」になると謳っています。

この車載コンピューターに搭載されるソフトウェアシステムはレベル2〜3の自動運転を可能にするとしており、現時点でのテスラAutopilotよりも高度なものになるとのこと。また自動パーキング機能に関してはレベル4に到達するとしており、ほとんどの駐車場で、ドライバーが操作することなく駐車できるようになりそうです。

いずれの場合も万が一の事態に備え、必要なときにはドライバーが運転を引き継げるようにしなければならないのはいままでと変わらないものの、日常的な走行状況ではドライバーの介入の必要性はほとんどなくなると考えられます。

このシステムはNvidiaのDRIVEプラットフォームをベースとして開発され「指定した2地点(始点〜目的地)間の運転をほぼ自動化」できるとのこと。さらにOTAアップデートが可能で、少なくともオーナーが自動車を所有している間は安全機能や便利機能、アプリケーション、サブスクリプションサービスをリモートから追加アップデートできます。これは現在テスラが提供しているOTAアップデート機能とほぼ同じ機能と言えるでしょう。