オートメーション・エニウェア・ジャパンは6月23日、同社のRPA Bot マーケットプレイス「Bot Store」が日本語で利用可能になったと発表した。あわせて、文字コードや日付、郵便番号に関連する変換など、日本語環境に適した新たなソフトウェア Bot が4種類公開された。

Bot Storeには、特定の作業を自動化するBot、一連の業務プロセス全体を自動化して担当者のように稼働する「デジタルワーカー」が850種類以上公開されており、Automation Anywhere Enterprise上にダウンロードして利用することができる。

RPA Bot マーケットプレイス「Bot Store」

今回追加した日本語環境向けBotは以下の通り。

郵便番号/住所変換Bot:郵便番号を住所に変換、住所を郵便番号に変換、入力したデータの整合性をチェックする

文字コード変換パッケージ:テキストファイルの文字コードを変換(Shift-JIS/EUC-JP/UTF-8に対応)

日本語文字列パッケージ (半角/全角、ひらがな/カタカナ変換等):全角と半角の変換、カタカナ/ひらがな/ローマ字の変換、文字列形式を統一する変換など

日時変換パッケージ: 日時や和暦に関連する変換、休日情報取得など