マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

写真拡大

自身のSNSでミット打ち公開「活発にトレーニングを重ねる」

 ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)がインスタグラムを更新。エキシビションマッチでのリング復帰へ向けて、ド迫力のミット打ちを披露した。53歳ながら現役時代を彷彿とさせるような動きに、米ファンからは「人間じゃない」「未だに殺し屋だ!」などと驚きの声が上がっている。

 本当に53歳なのだろうか。タイソンはもう、いつでもリングに上がれそうだ。すっかりシェイプアップされたボディーに鋭い眼光。グラブを嵌めると、ミットを持ったトレーナーに対して左右の連打を叩き込んでいく。

「ドスッドスッ」と低音の響く、重そうなボディー打ちも披露。パンチはきっちりとかいくぐり、次々と強打を放つ姿には全盛期の軽やかなフットワークが重なってくる。

 タイソンは「日々、活発にトレーニングを重ねる」と記して投稿。ファンからは驚きの声が続々と上がっている。

「相手は準備できていないぜ、チャンプ! 速さ、力強さ、賢さにおいて!」
「この動画から自分も学んだよ」
「フォアマンがベルトを手にした時のようにタイソンもカムバックするだろう」
「未だに殺し屋だ!」
「タイソンは人間じゃないな」
「この惑星で最もたちの悪い53歳」

 再びボクシングファンを魅了し続けるタイソン。実際にリング上で強打を炸裂させる姿が楽しみだ。(THE ANSWER編集部)