大津高で夏冬の全国大会を経験したDF福島隼斗は湘南ベルマーレを経て、今年は福島ユナイテッドFCでプレーする

写真拡大

 ゲキサカではプロ入り1、2年目選手の高校時代を知る後輩たち(現役高校生プレーヤー)に対して、プロでの活躍が期待されている先輩プレーヤーの高校時代についてインタビュー。彼らのピッチ内、ピッチ外で“ハンパなかった”一面や意外な一面とは?

 今回ピックアップする選手は大津高(熊本)から昨年、湘南ベルマーレへ加入してルヴァンカップ2試合、天皇杯1試合に出場、今年は福島ユナイテッドFCでプレーするDF福島隼斗だ。大津時代は2年時からキャプテンマークを巻いてチームを牽引。3年時には抜群のリーダーシップに加え、正確なロングフィードなどの攻撃力、またインターセプト、シュートブロックといった守備センスの高さを発揮して大津の夏冬全国出場、プレミアリーグ昇格に大きく貢献している。

 現在、膝の手術から復活を目指している福島の高校時代について、1年時にAチームで福島の背中を見ているFW半代将都(3年、現主将)とMF藤井瑛斗(3年)、FW宮原愛輝(3年)が教えてくれた。

(※大津高の協力により、電話取材をさせて頂いています)

―福島先輩はどんな選手だった?

藤井「チームのことを一番に考えて、キツイことを誰よりもやっているキャプテンだったと思うし、プレー面でも声を出して、チームの勝利を第一に考えている頼りがいのある凄いキャプテンでした」

宮原「とにかく自分にストイックでした」

―福島先輩の“ハンパない”と感じたところを教えて下さい。

宮原「フィジカルトレーニングが週に1回あるんですけれども、走りとか速すぎてついていけなかったです。普通の選手だったら多少は自分に甘くしたりするところもあると思うんですけれども、どんどんペース上がって、ずば抜けて、何に関しても1位。長距離がとにかく速くて。かなり体力がある感じでした」

半代「隼斗さんとは寮でも一緒に生活していて、自分が1年生で隼斗さんが3年生だったので、オーラが本当に凄くて近づき難いというか、凄い人だなと見ている部分がありました。(試合では)どんなに劣勢になっていても鼓舞していて、頼りになるな、格好良いなと思っていました」

―半代君は福島選手からキャプテンシーを学んでいる部分はある?

半代「隼斗さんは声を本当に出していましたね。練習の時に怒られて(チームが)しゅんとなってしまうことがあるんですけれども、そういう時に一番早く声を出していたのが隼斗さんだったのかなと。隼斗さんはチーム全体のことが見えていて、頼りになるキャプテンだと1年生ながら思っていたので、真似しながらやっていきたいです」

―ピッチ外の彼はどうだった?見えないような努力を知っていたら教えて下さい。

藤井「ピッチ外は正直怖かったんですけれども、喋ると優しくて。自主練でも人一倍ロングボールを蹴ったり、パスの精度を極めようとしていました。朝練も寮生で一番みたいな感じで他の人よりも早く来て、走って、すぐ自主練に取り組んでいて、ストイックでした。(福島から学んだことは)チームのために働くことやチームのために声を出すこと。(福島は)チームのために何かしら毎日やっていたような気がします」

宮原「学校生活では、キャプテンということで自分にもとにかく厳しかったし、“大津のあるべき先輩”という感じでした。学校内を歩く時も堂々と歩いていたし、挨拶する時も一番声が大きかったし、一番先輩で堂々としていました」

半代「自主練とかも本当にやっていて、みんなやりたがらない1km走とか黙々と走っているのを見て、『これがプロに行く人なのかな』と意識の違いを感じました」

―話を聞いていると、隙がなさそう。

藤井・宮原「隙がなかったと思います」

―おちゃらけたりもしない?

宮原「そういうのは、ほとんど無かったです。たまに自分が活躍したり、点を決めた時に褒めてくれたりするのは、めちゃくちゃ嬉しかったです」

―福島先輩へのエールと自分の意気込みをお願いします。

半代「怪我(3月に右膝の手術)をしたと聞いているんですけれども、何度も何度も折れそうな時から立ち直って、七転び八起きでやっていたので、隼斗さんならやれると思います。自分たちも頑張るので、隼斗さんも頑張って欲しいです」

藤井「自分が1年生の頃から一緒にプレーできていたので、一緒にプロのステージで戦えることを楽しみにしていますし、隼斗さんはもっと上のレベルでプレーできると思うので、コンディションにしっかりと気をつけて頑張って欲しいです」

宮原「今、隼斗さん怪我で自分も(去年)怪我をしていて苦しさとか分かると思うんですけれども、神様がくれた試練だと思うので、今はキツイと思うんですけれども、怪我の中でもできることはたくさんあるし、学べることもたくさんあると思うので、また隼斗さんらしさを出してプロでも活躍して欲しいです。自分は今年、隼斗さんみたいにストイックさを出して、何事にも一生懸命、自分を追い込んで悔いがないように練習して、プロになってまた隼斗さんと戦えるように頑張ります」

(取材・文 吉田太郎)