J3藤枝、来月10日から“有観客”でのホームゲーム開催へ…サポーターへ協力を呼びかける

写真拡大

 J3の藤枝MYFCは22日、来月10日からのホームゲームはスタジアムに観客を招いた“有観客”で試合を開催することを発表した。クラブ公式サイトで伝えている。

 新型コロナウイルスによる中断期間を経て、今月27日に再開を迎えるJ3。再開後は各会場で無観客での試合開催が予定されているが、藤枝は7月10日から“有観客”でホームゲームを開催することを発表した。

 この決定に伴い、同クラブは「政府から発表された『催物(イベント等)開催にかかる段階的緩和方針』に基づき、お客様を安心・安全にお迎えするための準備を行って」いるとのこと。またJリーグが定めた「7月10日〜31日までは『半径1m以上の間隔をあける』」というプロトコルにも則り、藤枝総合運動公園サッカー場では入場可能数が900名程度となることも伝えている。

 そして今後の感染拡大および拡散防止のため「来場者の個人情報登録」「来場者数の事前把握」「A自由席のゾーン分け」「来場時の検温」など様々な施策を実施する旨も発表。詳細に関しては追って告知するとのことで、安全に試合を開催するため、各サポーターへの協力を呼びかけている。